自然は友達 あ・そ・ぼ!


by green-hanayu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お墓参り

昨日、御殿場の富士霊園へ、主人かたではなく、私の親や兄たちのお墓参りに行ってきました。
私の持論は、『墓はいらない。葬式もいらない。骨は、大好きな山や海に投げてほしい』です。
でも、墓誌を読み、墓に語りかけるとき、やっぱり、お墓は必要なのかな・・・・などとも、思ってしまいました。

要するに、お墓や葬式は、故人のためのものではなく、残された人たちのためのものなんですね。
でしたら、残された人たちのためのものであるならば、
私の葬儀は、死亡保険で入ってくる資金をもとに、
一泊で、ぱっと騒いで、飲んで、歌って、踊って、楽しい中に故人を偲んでもらいたいな!
死んでしまった私が、つい、つられて、カンカン踊りを踊りたくなるような、
そんな 『葬式』じゃない 『偲ぶ会』が、いいな!!
お坊さん、ごめんなさいね。

あの日は、夜明けから、富士山がきれいに見えて、「ラッキー!」と思いました。
盛りは過ぎたものの、ツツジが彩りを添え、新緑の爽やかさは、申すまでもなく、
墓参の間じゅう、ホオジロが間近の樹上にさえずり続けていました。
「遠い千葉から、よく来たね!」と言っているように聞こえました。
ホトトギスや 誰だかわからない鳥たちの声もして、
静けさの中の賑わいが 歓迎のファンファーレのようでもありました。 

そこで 一句

  祈りつつ 片目ひらいて 山をみる

お墓参りが済んで、帰路につくころ、雨が降り始めました。
待っていてくださったのでしょうか? ありがとうございます。

人が死んだとき、どうするのが、人にとって、自然にとって、
いちばんシアワセな状態といえるのでしょう?

[PR]
by green-hanayu | 2006-05-19 00:26 | 川柳

母の日に

  母の日に  サイズ下げるわ と  また言っちゃった!

今日は、母の日。
赤いカーネーションをつけたプレゼントが 今年も贈られてきました。
商業ベースに乗せられているとは言うものの、
親子の絆を確認しあう “シアワセなしきたり” と言えるのではないでしょうか。
いま、
その親子関係にも、ヒビの入った状態が多く見受けられ、
『生き物・人間』としてのあり方に、警鐘が鳴らされています。

我が子をしっかりと抱きしめる『愛』が、次の『愛』を育てます。
それが 『誰かのための愛』ではなく、『あなた自身のための愛』になることに
気づいてほしいのです。
そして 母の日を祝えるシアワセを もう一度考えてみてください。
[PR]
by green-hanayu | 2006-05-14 20:09 | 川柳
 新人は  味あうとかや?  五月病

こどもの頃、早くお正月が来ないかなとか、
お誕生日が何と待ち遠しかったことか。
それが今は、あっという間に、時間がたってしまう・・・・。
『ピッカピカの一年生』だったり『女子高生』になったり、
みちくさ歩きやコーラスなど、
新しい環境に身をおいたときは、『五月病』になったりすると聞いていました。
そうでしょ? ニューヨークの恵子ちゃん?
でも、私は鈍感なのか、まったく『五月病』になりません・・・。
もう、どんなにあがいても、ホントの新人にはなれないってことかしら・・・?

ところで、
面白いデーターを入手しました。
それは、過去2年間の、我が家の電気使用量です。
そして、同じ条件の一般家庭の平均的使用量もわかるのです。
これを見ますと、我が家の4月・5月の使用量が平均値から、ダントツ、多い。
つい、多忙にかまけて、使用量が増えているのですね。
(だから『五月病』にも、かかれない?かかっているヒマがない?)
でも、
『地球温暖化防止』のためにも、『我が家の経済』のためにも、
『電気のシェイプアップ』に務めましょうと、決意しました!
みなさまも、チャレンジしてみませんか!!

方法は、東京電力さんのHPへどうぞ!

http://www.tepco.co.jp/
次に上のほうにある「くらしのサポート」をクリックします。次に右側下方にある
「暮らしのサポートコンテンツ」をクリックすると、別画面になり、「初めての方は
こちら」をクリックすると無料会員登録ができます。
会員登録すると、1週間程度で東伝から会員番号が郵送されます。
会員番号とお客様番号(東電の請求書に記載)で電気の使用量が明確になり、
省エネ意識の向上に貢献できそうです。

で・す・って!
[PR]
by green-hanayu | 2006-05-12 22:23 | 川柳

女子高生

神奈川県立高等学校をご卒業の方、いらっしゃいませんか?

今年、10月21日(土)
それぞれの県立高等学校卒業生を中心に、『校歌祭』を開くことになったそうです!
現在、22校が参加とのこと。
我が母校、横浜翠嵐高校も参加することになりました。

その昔、ソプラノだった私は、やはりソプラノで・・・・・。
しかし、高音が、出ない・・・・!

もっぱらの練習場は、マイカーの運転時のみ。
奇声を発する場は、ここしかないのです!
何としても ソプラノに 戻るぞ!!

不安と あせりと 苦しみ は、 あります。
でも、『女子高生』に戻れる この喜び!
シアワセだな~~♪

そこで 一句

   ハーモニーに  導かれて こころ   女学生

    ♪ラ・ラ~ラ  ラ・ラ~ラ ラ・ラ~ ♪
[PR]
by green-hanayu | 2006-05-10 09:25 | 川柳

藤の花

桜が咲いたと思っていた野山が、すっかし新緑の装い。
昨日、大好きな410号線を南下すると、
木々の萌えいずる様のパッチワークは、
まだ、色とりどりに山肌を飾っていました。

とりわけ眼に映ったのは、藤の色模様。
随所に、たおやかに、なまめかしく絡みつくその様子は、
木の途中まででなびいているものには “美”を感じましたが、
テッペンまで上り詰めた藤のしなだれには、“絞め殺しの木”の凄まじさを感じました。

さて、そこで一句

  藤の花  花(鼻)延ばした故に  意気(息)止まる
[PR]
by green-hanayu | 2006-05-10 08:59 | 川柳