自然は友達 あ・そ・ぼ!


by green-hanayu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

こころ の シコリ

暑かった夏もようやく終わりのようです。
今年の暑さは、ことに厳しかったように感じました。

暑い日に、野山を歩いてきますと、自宅の玄関で、
塩こぶみたいな 汗まみれの自分自身の姿を発見
行き先は、まず、シャワールーム。

そこで使うシャンプーもリンスもせっけんも、すべてが海に流れるんですね。

先月、環境研究センターの主催事業で、若潮丸に乗り東京湾を巡航してきましたが、
船尾から見る波のうねりは、黒ずんだ黄緑色
「汚い!」と叫んでしまいましたが
例年よりは、きれい とのこと。 (う~ん!)

思えば、スーパーやDIYのお店にうずたかく積まれる各種洗剤等は
すべてが海に流れ込むんですね。(ある程度の工程は経ていますが・・・・)
考えてみれば恐ろしいことです。

久しぶりに訪れた尾瀬でも、そうした歯磨・洗顔料などの使用も禁止されていました。
体の違和感は 心に しこりとなって 残りました。
[PR]
by green-hanayu | 2006-08-28 00:39 | 環境

絶滅危惧種の 子守唄

今日 木更津駅前通りを16号線に向かって15分ほど歩いたところにある
太田山公園へ行ってきました。
まずは、
市街地のなかに、これほどの豊かな緑地があることに驚き
さらに、園内には金鈴塚遺物保存館や県立上総博物館、
そして江戸時代中期に建てられたという 旧安西家住宅が
鏡のように磨きあげられた床板で 昔を物語っていました。

何よりも驚いたことは
金鈴塚遺物保存館の受付窓口のゲンペイカズラ(ゲンペイクサギ)の鉢。
そこにマツバランが みどり鮮やかに 繁茂していたことです。
それが まったくの自然発生とのこと。

ご存知のように マツバランは 絶滅危惧種。
千葉県内でも、ほんのわずかしか 自生はしていないそうです。

おそらく 何らかの理由で 胞子が飛んできたのでしょうが、
絶滅危惧種の扱いは 難しい。
「貴重」 「貴重」と 騒げば 盗掘され
そっとしておけば むしり取られる
飯ケ岡八幡宮のそれも 宮司さんには お伝えしたものの
きれい好きな 氏子さんが 清掃すると むしられる
ガッカリして 悲しんでいると
それが ややあって また 芽をだしてくるので これも不思議

自然って そういうものなのでしょうか・・・・・?

 
[PR]
by green-hanayu | 2006-08-11 23:13 | 自然