自然は友達 あ・そ・ぼ!


by green-hanayu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

圧倒された 一日

昨日、某社社員研修講座のための下見に。

ここは、企業としての緑化率を達成するための施設とか
開園されて、5年めになる蘇我ビオトープ

久しぶりに訪れたビオトープは 木々の成長に目覚しいものが。
東扇島工場のような 客土による面白さはないようですが
(東扇島では、キンラン・ギンランなどが見られました)
社の意図する 房総の自然を模する森作りには 
将来的な楽しみが感じられました。

何よりも 担当職員の方々の熱意に
圧倒された一日でした!
[PR]
by green-hanayu | 2007-05-31 06:27

ガラス一枚の 向こう

今朝、千葉駅で待ち合わせ。
20分ほどの時間がありましたので、コーヒーショップへ。
でも、なんだか不思議な世界を見たような感じが。

ガラス一枚隔てた向こうに、足早に行きかう 人・人・人
誰も 無口で 
でも しっかりと前を見つめて・・・・・

一人ひとりに 人生があり 目的があり 喜びも 悲しみもある

社会に対して 『動』の人々を
熱いコーヒーを いただきながら じっと見つめる 『静』の 私

毎日繰り返される あまり意味のない 時間的動きなのでしょうが
躍動的に映る 私のこころは どこにあったのでしょうか?
[PR]
by green-hanayu | 2007-05-29 23:47

ブルーベリーの威力

25日は、私にとって、ピークの日でした。
でも、プロジェクターも順調に作動し、6月15日の事前講座を無事終えることができました。
ほんとうに、ホッとしたのですが、
その後の雑用というか、残っていた仕事に、今日も午前様。

でも、驚きです。
今日は、お目目、ぱっちりです!

そのヒミツは、どうやら、ブルーベリーみたいです。
干してあるブルーベリーを、さっき、15粒、食べました。

いつもなら、もう、ショボショボしている目が、
ちっちゃこいながら、パッチリしているのです!

やっぱり、ブルーベリーはスゴイです!
[PR]
by green-hanayu | 2007-05-28 02:34

上 には 上

24日のことですが、某公民館主催事業で、
姉崎神社の自然観察会へ。

ほんとうは、この講座、Mさんが講師を担当するはずだったのですが、
急遽入院ということになってしまって、おハチが私のところへ回ってきたのです。
『武士は あいみたがい』とか。
私もいつ、お助けをおねがいするか わかりませんので、お引き受けしました。

その参加者の中に、95歳の紳士が。
恰幅のいい長身をスーツに包み、かくしゃくとして闊歩。
でも、暑い日でしたので、溢れる汗をしきりにタオルで拭いていました。
姉崎神社の境内で、マイクを向けますと、戦争体験談をひとしきり。
神社を後にするときには、山門を出てから、姿勢を正して一礼。

先日は、85歳の方の意気込みに驚いていましたが、
今回は、95歳。
上 には 上が・・・と、勇気をいただいた一日でした。
[PR]
by green-hanayu | 2007-05-26 22:42
論語の世界の原稿は、わかってしまいました。
私の文章ではないと・・・。
『崖っぷち』覚悟で
前の原稿ともどもで、本社に提出し、
あとは、お・ま・か・せ。

知らない、知らない!

今日は、もうひとつの『崖っぷち』に。
前回、パソコンとプロジェクターがあわなくて
ほんとに冷や汗かいた経験から
今回は、事前に操作を マスター
情報課のKさん 親切に説明してくださってありがとう

でも、
その安心感が アダとなり
またしても 『崖っぷちネコ』

心配してお電話くださった 優しいAさん 
ホントのこと言うと 調子悪いのは パソコンではなく
ワタシのアタマ なんです。 ゴメンナサイ!

でも、とりあえずは、A4で2枚、たったいま、資料をおくりましたよ。
あとは、パワーポイントに写真をいれるだけ。

でも、どうしてこういう状況に ブログを書こうなんて気になるんでしょう。
これでは とうぶん 『崖っぷちネコ』から 脱却できそうにありません。
[PR]
by green-hanayu | 2007-05-22 20:29
19日、昼は論語の世界にさ迷い、
夜は80年の歴史を誇る体操の世界へ。

20日は、パソコンの前で呻吟し、
21日、85歳の紳士に原稿のチェックを申し出ました。

「ボクは若い頃、新聞のネタ埋めに、よく原稿を書かされましたよ」と。
そして、紳士が書き上げたのが、一人称の自伝です。

レポーターの存在は、ありません・・・・・。

時間もなく、ほんとうにアタマが痛くなり、
頭痛薬を飲んで 久しぶりに 早寝しました。

布団の中で 考えましょうと 思いましたが
気がつくと
朝でした。
[PR]
by green-hanayu | 2007-05-22 20:14

夕方の 晴れ

今日は、一日、とても変化のある空模様でした。
突然、大雨が降ったかと思うと、
夕方には、青空が。
そうしたなか、ある調査のために、市内をドライブしました。

同行者は、千葉大学工学部の青年とお嬢さん
若いって、いいですね。
質問を受けるほうも、安心して、と言うより、
積極的に答えてくれたようです。

不安材料の あまりにも多い世の中
若い人が 将来をきちんと見据えているという実感を得られたということは
かすかながらも 未来に 希望を見出せたのではないでしょうか

夕方の 晴れ
これが すべてを物語っていた・・・・ のだと いいのですが
[PR]
by green-hanayu | 2007-05-18 00:22 | 環境

お墓参り

今日は 習志野にある海浜霊園へ お墓参りに。
環境保全活動に 明け暮れるご主人を支え続けて
ある日突然 この世を去った○○子さん

お花を供え 合掌し
お経の代わりに
「千の風になって」を 皆さんで 歌いました。

こころに 温もりを いただいて 
帰って きました。
[PR]
by green-hanayu | 2007-05-15 22:54
至福の一日 二つ目のできごと
それは 久しぶりに田植えに挑戦したことです

全部で 50人近い人たちが参加して
20人くらいが 子どもたち

そのなかの5歳の男の子は、
他の子達が厭きてしまっても ひとり もくもくと。
手つきもよく 泥田に足をとられ 転んでしまって
下半身ずぶ濡れでも まったく動じない・・・・。
写真をお届けできないことが 残念!

しかし 圧巻は、田植えが終わってから
まだ、水を張っただけの泥田で
いつとはなしに始まった 泥んこ合戦。

去年の稲の切り株を 投げ始め
それも だれかれかまわず!
投げて ころんで すべりこんで
大騒ぎになりました!

おとなたちは 遠くからか それを見て
こういう風景は ちょっと 見られないと
お腹のそこから 笑い興じて 昔を思いやりました。

でも、そこには 一人の青年が
子どもたちとおなじ目線に立って 
子どもたちと 心を共有することができたから
だから できたことだと 思います

子どもたちへの語りかけは
言葉ではなく 体で 心で 語るものだと思いました。
[PR]
by green-hanayu | 2007-05-15 22:37

母の日に

昨日は、至福の一日でした。

ひとつ、それは母の日のプレゼント。

ごく普通の親子の ごく普通のあいさつですが、
ごく普通の親子として 
 家族としての継続が保たれていることに感謝です。

長男夫婦からは、トレーニングウエアが。
ピンクを主体とした可愛いもので、
見た瞬間は、ええ? 可愛すぎない?
でも、着てみると それが じつに いい!
ただ、少し 若干 ちょびっと・・・・ サイズが小さめ。

ここで ひとつの目標が。
食後の 甘いものは 控えましょう。
やはり 食べすぎ。
このウエアが ぴったりするような 体形にしましょう!

次男からは、
出かけていた私に 食事のプレゼントの 申し出が。
後日の約束をしたのですが、今から 楽しみ!

そう、
昨日は、終日 出かけていたのです!

至福の一日の ふたつめ、
それは、素晴らしい 心の記憶が もうひとつ できたこと!
それは、後刻、ご報告を。
[PR]
by green-hanayu | 2007-05-14 06:42