自然は友達 あ・そ・ぼ!


by green-hanayu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ユニセフから

今日、また、ユニセフから、募金を促す書面がきました。

「世界では、3秒にひとり、
5歳に満たない子どもが命を失っています。
その一方で、1袋わずか6円の経口補水塩が
ひとりの子どもの命を救うこともあります」

こうした文面です。
そしてさらに、

「突然のお便りをお許しください。
いまも、あなたの力を必要としている 子どもたちがいます。
どうか、ユニセフからの メッセージを 聞いて下さい」

このような 添え書きもありました。

以前、お役に立つならばと、お金をお送りしたことがありました。
その直後、
新聞の大きな広告も みました。
文面も 写真も サインも すべて同じでした。
でも、1箇所、違うところがあったのです。
それは、銀行の振込口座番号 でした。

私は 振込先に 「どうして違うのですか?」と お聞きしました。
すると
応対に出た女性の方は、しばらく黙ったあと、
「そのナンバーに振り込んでくださればよいのです」と、ただ それだけ。

以来、毎年くるお便りにも 私はうごく気になれません。
お助けしたい方は 悲しいことに 私の身近にも たくさん いらっしゃいます。
私は そうした方のために 手を差し伸べます。

間違って いませんよね。
[PR]
by green-hanayu | 2007-07-05 20:32

6月12日のこと

いま、 ブログを見直していまして、気づきました。

以前、蘇我ビオトープは 工場緑化率の補充分と書いてしまいましたが、
そうではありませんでした。
そう、もうお判りでしょうから、書きますが、
そこは、 東京電力さんの工場跡地の利用
それも 地域市民への還元サービスのための跡地利用であるとのこと。
社員研修とは 東京電力さんの若手社員のみなさんへ

でも、1時間20分は 短すぎました。
東京電力の社員の皆さんなのに 蘇我ビオトープをご存じない。
みなさんに この素晴らしい自然環境を ご理解いただくには
時間が 短すぎました。

ネイチャーゲームをしながら 房総の森をご案内したのですが
『育ちゆくこの自然を 目に焼き付けておいて下さい!』と お願いしました。
5年後、10年後、 この森がどのように変化し どのようにあなたを迎えるか
そのとき あなたは 何を感じるか
訴え続けて 終わりました。
千葉市が定めた千葉市の鳥 コアジサシ
彼らも どのように この自然の中に 息づいて行くのか
見届けて下さいと お願いして 講座を終了しました。

あれは、6月12日のことでした。
[PR]
by green-hanayu | 2007-07-01 23:25

助け舟を!

この頃の気候は、誰が考えても ヘン です。
梅雨に入り まだ あけていないのに 
そう 6月20日
キャンプの下見で出かけた 清和県民の森
その笠石へ登ったときに 見上げた空が
秋の空のように 真っ青でした。

今日 通りかかった民家の庭先の 大輪のヤマユリも
盛りを過ぎ 一枚の花びらが 大地に散っていました。
何か ヘン です。 

ヘンなのは 自然ばかりではなく 
私も ヘン です。 
左のスネを傷めたのに 左わき腹が痛くなり
一週間して やっと 痛点が 元に戻ってきて・・・・。

パソコンも わかっているようで まったくわからないところがあって
でも 高校時代の 同期生に 助けられて・・・・・。
とても 嬉しかったです!

この自然環境も どなたか 助け舟を 出してくださいませんかしら。
そうしましたら もっと 嬉しくなると 思います!
[PR]
by green-hanayu | 2007-07-01 22:54