自然は友達 あ・そ・ぼ!


by green-hanayu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大山千枚田が 夜間 ライトアップするそうです。
写真は、幽玄な感じすら与える棚田の様子を映していました。
お客様に 喜んでもらうためだそうです。

でも どうして!?

棚田は 日本の原風景を残すため
生物多様性と 自然環境の保全を 訴えるため
地球温暖化防止策の 大切な 自然の力として
残すための活動ではないのですか?

ライトアップすることは
本来 必要ではない 松明(たいまつ)の燃焼による CO2の排出
本来 必要ではない 夜間の 明かり
夜の闇を 必要として 生きる動植物にとっては 
『迷惑な話』以外の 何ものでもない と思うのですが・・・・?

やっぱり 『金儲け』に走ったのですね
それとも どんな必要性が あるというのでしょうか?

ブルータス おまえもか!
[PR]
by green-hanayu | 2007-12-30 10:46 | 環境

輝く白は・・・・

れんげの里から お米をいただきました。
白米です。
精米されています。
そのまま 炊きました。

釜の蓋を開けたとき 炊き上がったご飯の白さに 驚きました。
いつもの玄米ではなく 雑穀米でもない この白さ

豪華に 贅沢に見える この銀シャリ
でも ほんとうは 
自然の恵み 栄養を 捨て去った 残骸でしかないのですね。

輝く白さに 感動はしたものの 
無意味なこと 無駄なことをしている姿に
むなしさを感じました。
[PR]
by green-hanayu | 2007-12-28 13:11

輝く 明日を

クリスマスとは 12月25日のこと
ジングルベルが BGMとなって流れていましたので
あらためて 気づき 思いをあらたにしました。

そう言えば 我家にクリスマスがあったのは 息子たちが居たときまで

あとは クリスチャンでもない私なのに 賛美歌を口ずさむとき
歌のなかに クリスマスは 存続していました。

嬉しいとき 悲しいとき
口ずさむ賛美歌により 励まされ 慰められてきました

その歌とも 遠ざかって ふた月
やっと 出てきた声が また 遠のきそう
夢も 遠のきそう 
年の瀬の 最後の流れが 負のすべてを
流し去って下さい。

イブの夜
満月と 火星の 大接近
輝く明日を どうぞ 私にもください!
[PR]
by green-hanayu | 2007-12-26 00:47

今年のクリスマス

2007年のクリスマスも つい先ほど 終わりました。
相変わらず 「イルミネーション」 「ライトアップ」が話題となり・・・・。

これは、単なる人間の趣味・嗜好の世界ではありませんか。
もう一歩踏み込むなら 巧みな商戦に 乗せられているだけでは・・・?

地球温暖化防止を叫び 省エネを訴える方々の心には
どう 映っているのでしょうか?
どう響いているのでしょうか?


先ほどのラジオのニュースで 
ある環境NPOが 今年のクリスマスイルミネーションでは
発光ダイオードを使ったことで 省エネを計れたと
街頭で 一口百円の募金を募り そのお金を風力発電のために使うとか。
そうすることが ほんとうに良いことと 考えているのでしょうか。
本末転倒ではないでしょうかねえ・・・・。

いつも、言わせていただきますが、
夜は 暗いもの。
暗いから 夜の意義があり その暗闇が 多くの命を育てているのだと。
ライトアップされる樹木や植物 動物は
拷問を受けている状態であるということを 
もう一度 頭に思い浮かべていただきたいです。
[PR]
by green-hanayu | 2007-12-25 00:33

良い年を迎えるには

猪の年も あとわずか

猪突猛進の それも 「偽」かと思うことの 続出
それも あとわずかで 終わり

「偽」を語るには あまりにも 影響が多すぎ
それゆえに 語るに語れぬジレンマが 
ブログの記入さへ ためらわせてしまいました。

でも、
良い年をむかえるためには こちらも 元気でなければ!
また 意欲を取りもどし
頑張りましょう!
[PR]
by green-hanayu | 2007-12-23 10:53