自然は友達 あ・そ・ぼ!


by green-hanayu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

光陰 矢の如し

光陰 矢の如し・・・・・

ほんとうに 時間が 日にちが 飛ぶように流れます

15日から17日 代々木のオリンピック記念総合青少年センターに
泊り込みの研修会
宿泊棟の 中庭の落ち葉に 大の字になって寝転び
見上げた空の色
ふと 北アルプスの 岳沢
吊り尾根を見上げたときの あの青い空を 思い出しました

23日 芝浦工大中高等学校から 手賀沼へ
春一番に吹かれて 波立つ にび色の手賀沼の 波濤
黄砂かと 見まがうばかりの 街の色

全てが 飛び去り 今また 新たな日が 明けようとしています

今日は 千葉市の 大草へ
早春の谷津田 芽吹きの用意をすませたか 雑木林
学成りがたく 成りがたく・・・・。
今日も 学びの観察会に でかけます
[PR]
by green-hanayu | 2008-02-26 00:52
もし 私が 千夜一夜物語のシャハラザードだったら
お話を毎夜 続けられなくて とっくに シャハリヤール王に
殺されていたことでしょう

でも 幸い ここは 日本の平成の御世
のんびり ゆったりと 暮らすことができます

ちょっと 重粒子を離れて 他のお話をしましょう

7年8ヶ月ぶりに 我家の 洗濯機が更新しました
今までのものは 基盤が 不調となって
修理しても 2万円くらいは かかるでしょう とのこと
そこで 買い換えることにしました

やっぱり 7キロはないと 毛布も洗えませんし 
蓋をしなければ 動作をしないという 仕様のものも
困ります
モーターの余熱を利用して 簡易乾燥もするという
ちょっとした スグレモノを 買いました

ところが 
お風呂の残り湯を使う ホースがついてきています
私は 洗濯に お風呂のお湯は使いません
残り湯は 非常時のために とっておきます

我家は 家族が少ないので
体を 温めるだけの 湯船は
比較的 キレイです
だから 二晩 もしくは 三晩も 使えます

なぜ 残り湯を使わないかといいますと
風呂のため水は 貴重な 命の水となるからです
あの 阪神大震災のとき 
トイレに 使用するなど 貴重な水となりました

また、着衣着火とか 消火作業など
風呂の残り湯は 命を救う 水となります

近い将来 来ると予想されている大地震
一瞬でおこる ガスレンジからの 着衣着火
万一の 失火など
水のありがたさは 事があってから知るのでは 遅いです

何が ほんとうに 必要とされているか
客観的に みてほしいと 思います
 
[PR]
by green-hanayu | 2008-02-13 23:07
『熊さん』は 入院するまで とても元気でした
これで病人だなんて 黙っていれば 誰にもわかりません

「もしかしたら・・・・」という気持ちが あったので
家族で 旅行したり パターゴルフに 興じたり

シートノックは 息子たちより 正確で  飛んで・・・・

入院が決まったときは
庭木の剪定 芝の手入れ 生垣の刈り込み
年末に備えて 壁や 天井の 清掃
外壁や 窓ガラスの 清掃まで すっかり済ませました

入院するときは
息子たちの 脅しにも似たアドバイスで

野球のボールと グローブ
壁に ぶつけて ひとりでも 野球ができるようにと

ゴルフの クラブ
素振りして 腕力が落ちないようにと

DVDとか 握力計 旅行のガイドブック など
  etc   etc・・・・

「俺は どこへ 何しに 行くんだ!」と ボヤキながら
それでも 従順に 大きなバッグを いくつもぶら下げて 出かけました

そういえば 入院前の 重大なこと
喉に 放射線を 照射するので
口腔内の 虫歯部分に 金属をつめたところを
ぜんぶ 取り外して 『仮り歯』にしたこと

重粒子病院からの 指示を受けて かかりつけの歯医者さんで
丁寧に 処置していただいたはずなのに その材質が 良くないとか

結局 重粒子の歯科で やり直しをしたのが まるで 道路工事
バリバリ ガンガン  飛び散るは 血は噴出すは!
ダンナ様と 夫婦喧嘩をしてきたかどうかは 知りませんが
いや その 荒いこと 荒いこと!
そして その夜には 中華丼を食べていて 
取れてしまったのです! 
う~ん 何じゃ こりゃ! って 感じでした

もう 形も マウスピースも 作ってしまったので 変更不可
これが あとあとまで 『食』に 大きな影響を与える結果となってしまいました
大きな 不安材料として 今も 引きずっています

もう 馬車は カボチャに・・・・
つい 立ち寄ってしまった ブログ
でも 毎日 何人かの方が おいでくださって・・・・
ありがたく うれしいです
私の つたないおしゃべりに お付き合いくださって
ほんとうに ありがたく うれしいです。
また あした おしゃべりしますね
それでは 今夜は これで
おやすみなさいませ。
[PR]
by green-hanayu | 2008-02-09 00:40
去年の 3月
『熊さん』は 風邪をひいて 近所のお医者さんへ
そのとき 喉に 気になるところがあるので と
耳鼻科の医院へ行くようにと  紹介状を 

耳鼻科では
「なんでもないですよ」と言われ
おねだりするような かたちで お薬をいただき
2週間もすれば 忘れてしまって・・・・

2ヶ月くらいたって やっぱ 気になるなあと
耳鼻科へ   「なんでもないですよ」
お薬をいただいて  忘れて・・・・

また2ヶ月くらいたって 
今度は 違う 耳鼻科へ
「なんでもないですよ」と言われて
お薬をいただいて 忘れて・・・・

また2ヶ月くらいたって・・・・と、
同じことの繰り返し

9月に 大学病院へ行って なんでもなくて・・・・
でも その月の終わりに 
「どうも こりゃ やばそうだ」ということになり
別の病院 千葉大学病院へ

「こりゃ ホントに やばい(ガン)  だけど
どこに 病巣があるのか わからない」

あっち 引っかき こっち 引っかき
わかったのが 10月17日

そのときは ガンとしては 最後の第4期
手術しても 再発 60パーセント
つまり 手術しても ダメということ・・・・

そこで 初めて 重粒子なる治療法があると 聞きました

紹介状を持って 千葉市稲毛の重粒子医科学センター病院へ
でも、 受け入れてもらえるかどうかの 返事がでたのが
11月4日  入院したのが11月13日

まあ その道中の 賑やかなこと!
(・・・『ちりとてちん』 を 見すぎていますね)

何しろ 9月にガンとわかって 11月まで
何の治療もしてなかったのですから
いやいや その間の 華々しかったことよ!

何が 言いたいか というと
ヘンだなあ~ と 思ってから 半年で
正真正銘の 真打ちに なってしまったと言うことです!

おのおのがた ご油断 めさるなよ・・・・って、ことです。

この続きは、また あした。
なんだかアラビアンナイトの 『千夜一夜物語』みたいですね。
[PR]
by green-hanayu | 2008-02-06 23:37
毎朝 NHKの連続テレビ放送 『ちりとてちん』 を みています
主人公たちの 純粋にして 喜劇的な 生き様に
すごく 共感をおぼえ 笑ってしまいます
そして ほろっとします

笑えないのが 草若師匠
「医者から もう 手遅れと 言われました
私は まもなく 死ぬんです」

そんなことは ありません。
たぶん ガン なのでしょうが そんなことはありません

今は 手術が手遅れな ガン患者でも
治るんです 助かるんです

実際に あったお話を いたしましょう

それは 病院内を いつも 歩き回る
そう 檻の中の 熊さんみたいに ウロウロと歩き回ることから
『熊さん』と 看護師さんから ニックネームをつけられた人
『熊さん』の ガン撲滅大作戦を ご紹介いたしましょう

そうです
いま 科学治療の 最先端を行っている 重粒子治療のことです

でも 今日は ここまで
あしたは 今日の作業の続きがあります

馬車は すでに カボチャになってしまいましたから
歩いて帰らなければ なりませんし・・・・

あした お会いしましょう
それでは おやすみなさい!
[PR]
by green-hanayu | 2008-02-06 00:41
T小学校の児童会が 空き缶の プルタブを集めて
「車椅子を買う足しにしてください」と ケアハウスに 届けるという

そこの理事長さんから 相談を受けました
「これは たいへんな 努力です
こどもたちに どんなふうに 感謝の気持ちを 伝えましょう?」と。

ウン万円の金額に達するには かなりの 努力が

学校側では 「お気遣いは どうぞ なさらないで」と。
ケアハウスとしては 「なんとか 謝意をつたえたい」

いま、子どもたちの善意を どんなに 小さくとも
取り上げて 評価してあげたい
それも 代表だけに ではなく。
すべての こどもたちに

「ありがとう!」の心を伝えることが 子どもたちに
どれだけ 勇気を与えるか 
次なるステップの 第一歩となる・・・・ はずです!

ケアハウスへの ご招待を考えたのですが
休日の外出は 承認が 難しい
登校日での行動も 授業との関係 児童の予定等
難しいことばかり

昔は よかったですね
先生のご意向で みんなで 野山へ出かけたり
病気の 同級生を 見舞いに行ったり・・・・

『二十四の瞳』 懐かしいです
善意を善意として 伝えたい
そんな 至極当然なことも できにくい世の中 
悲しいですね
[PR]
by green-hanayu | 2008-02-04 22:41

雪 ゆき 雪

今年になって 二度目の雪です
大きな ボタン雪が 静かに 積もりました

庭の アイリスも 花びらに雪を載せ
芝生も 木立も 屋根も 道路も
すべてが 白一色になり
音も 白に染まり・・・・

そうしたなか 私は 無粋にも慌てて 買い物に
田舎町ですから 車でなければ 動けません
久しぶりに 四駆にギアを入れ ゆっくりと走ります

大きな交差点を 右折しようと 待っていますと
右手から 救急車が
どなたか 転んだのかしら・・・・など 思いつつ
通過した救急車を 見送って 矢印に従い 右折

すると なんと 後ろに 救急車が いるではありませんか!

救急車は 2台
交差点で すれ違ったのですね
あの ピーポー ピーポーという音は
左へ通過した救急車の音かと思ってしまいました・・・・
危なかったです ゴメンナサイ

救急車の出動も 多数
移動先は 多岐に
どうか おたいらかに と 祈らずには おられませんでした

そして
午後3時を過ぎた頃
雪が やむ気配を見せ始めた頃

竹箒と 熊手を持って 庭へ
そう 雪かきです
水道の水を出しながら ザッザ ザッザと 雪をかき出します

昔 スキーロッジで アルバイトをしていた頃のことを
思い出します
冬山で ラッセルをしたときのことを 思い出します
日光 雲龍渓谷の 朝日に輝く氷壁を 思い出します
赤いナイロンザイルが 氷壁を 這う光景を 思い出します

雪にまつわる いろいろなことを 思い出し
幸せなときは 日暮れまで 続きました
[PR]
by green-hanayu | 2008-02-03 23:39

厳寒の アヤメ ?

今朝 我家の庭に 三輪のアヤメの花が 咲いています
この 寒空にです
まるで 造花のように 鮮やかです

正式名称は アヤメではないと思います
どちらかというと アイリスの仲間でしょうか・・・・

一昨年は 早くに 葉を切り取ってしまったため
昨年の 花は 見ることができませんでした
代わりに リュウノヒゲが 勢いを増し
消え絶えてしまうのではないかと 心配しました

それが 今年は わずかながら 葉を出し
そして いま 三輪の花が 咲いているのです

なんて けなげなのでしょう
いつも 感動します。

あなたの お名前は なんというの?

いつも 問いかけています。

それにしても このページに 写真を入れたい!
どなたか 教えて下さい!!
[PR]
by green-hanayu | 2008-02-02 11:37
いま 悪評高き(?) 社会保険業務センターさん
でも
うれしいお便りをいただきました

『扶養親族等申告書』について です。
平成20年度の申請〆切は 12月3日だったのですね
その申告書が 発送されたのは 
平成19年10月25日から11月2日だそうです
それが 我家の ポストで 発見したのは 平成20年1月22日でした。

正確に言いますと、ポストの下の植え込みのなかで 雨に打たれ 汚れていました。
でも だからこそ いつも そこは ちゃんと注意して みていました。
年賀状シーズンのときなど 特に 特に  だから
2ヶ月以上も 気づかなかったなんてことは ゼッタイに あり得ません。

ともかく 『ダメもと』 を 覚悟で
手紙が届いたのが 1月22日であることを申し述べ
何とか 情状酌量していただけませんかと
その雨に打たれた申告書の入った封書を 同封して送りました。

すると、今日、
「申告がありませんでしたので、所得税を源泉徴収させていただきましたが、
申告書を受理しまいたので、ご安心下さい。
2月定期支払いで過徴収となった所得税は 4月に還付(返還)させていただきます」
ですって!

う~ん!
うれしいな~!

お金が戻ってくれることは もちろん うれしいですが、
それよりも とかく杓子定規の行政が 血の通った配慮を!!

これでなくっちゃ!
でも ほんとうに ありがとうございました。

それにしても、
民営化した郵便局さんは  ちょっと ひどいですよ
これは 配送する人 個人の問題でしょうが、
 
お詫びの付箋をつけて届けられた 汚れたハガキ
誤配もたびたび  同姓の他人さま とか まったく関係のない人 も
また
ちゃんと ポストに入っていないとか
だから 風の強い日に 郵便物が道路に 飛び散っていた なんてことも!

たまたま 通りかかった人が 教えてくださいましたけれど
このときばかりは 郵便局へ 抗議しました
すると タオルをもって お詫びに来た方の 恨めしげな お顔

コワイので もう これ以上 言うのは やめようと思いました

行政も 民営化企業も 
基本的には すべてが 個人からなりたっているんですね

襟を正す 教育をするのは  『長』 の仕事 なのでしょうが
それ以前の 家庭教育のあり方も 見直す必要があるのではないでしょうか。

そうですよね?


 
[PR]
by green-hanayu | 2008-02-02 01:49