自然は友達 あ・そ・ぼ!


by green-hanayu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

昨日は 千葉市大草で カミツキガメ に 出会いました
千葉市の職員の方が 市民からの通報で 
千城台へ かけつけ 取り押さえたもの です

甲羅の 長さが 30センチは ゆうに あろうかと いうもの
その 甲羅の 傷が 歴戦を 語っているようでした

どなたか 飼いきれず 逃がしたのではないかと・・・・
とても 元気で かまうと 飛び上がって噛みつこうと します
あの 重いからだが 飛ぶように 突進するのです
あなどれない 恐ろしさを 感じます

考えてみると
このこも 拉致被害者 そうして 放置された被害者 でもあり・・・・


そして 今日
長さ 40センチくらいの アオダイショウの こども
スズメを 飲み込んで お腹を 膨らませた 仔ヘビ を
九十九里小学校の 男先生が 押さえ・・・・

なんだか 今年は
動物との出逢いが 多くなりそう な 予感が・・・・
ちょっと ワクワク します


どさくさに まぎれて 白状します けど
ワタシ 動物園 好きです
この 矛盾 どう 説明すべきか・・・・
[PR]
by green-hanayu | 2008-05-28 22:54

青大将 アオダイショウ

また また 日が 流れてしまいました。
ほんとうに ほんとうに 早いです。

いまの私に 「あなたにひとつ あげたいもの がある」と言われましたら
「時間を 下さい! 」 と すかさず こたえるでしょう。

でも、そう 言える 私は シアワセもの なのでしょうね
でも でも 
もう少し 欲ばれば  金と 地位?
いえ いえ  若さと 美貌  かな? 
ともに 
私の人生には 縁遠い ものばかり でした・・・・

いま お時間をいただいた もの として
ご報告いたします

20日は 市川市動植物園の 滴るような 緑のなかで
高等学校生物部会の 先生方と 
ネイチャーゲームで 遊んできました!

それから
原稿書きに 明け暮れて

24日は 介護施設の 評議員会
その折に
梨園を 経営するかたから 新高梨 をいただきました
それが 
前年の梨が 凍る直前の温度で 保存されていて
ごく 普通の梨 のように 皮を剥いて 食べるのです

みずみずしくて 甘くて とても美味しかったです!
ムダと 思われる 電気の使い方ですが
「許す!」 と 叫びたいくらい でした

それから 帰路・市原市の 柏原 で
太さ5センチ くらい 長さ2メートル はあろうかと思われる
みごとな 青大将 にであいました!

こんな みごとな ヘビが まだ いたんだと
感動してしまいました
これからも 元気で 育ってくださいね!
[PR]
by green-hanayu | 2008-05-27 21:52

オオルリ その鳴き声

イエイ イエイ!
昨日は 素晴らしい体験でした!
清和県民の森 での こと

オオルリの えもいわれぬ シャワーコール!
すがたをみることは できなかったのですが
美しい鳴き声は 想像するに 余りあるほど

でも 本からの 知識ですが
雛に 危険が迫ると
メスは 朗々と さえずり始めるそうです 
『ワタシは 逞しい男 なのよ。
だから 甘くみると ひどい眼にあうわよ!』
こういうふうに 言っているのかもしれません

でも
ある意味では 雛の存在を知らせてしまって
逆効果とも 思われますけど・・・・


硬いことを 言うつもりは ありません
要するに
オオルリは オスも メスも さえずるとのこと

あの 大きな 堂々とした 鳴き声
それも そこ かしこに

あれは ラブコールだったのでしょうか
それとも

『ワタシたちの 縄張りから はやく出てってよ!』
こう言っていたのかもしれませんね
なのに 単純に 喜んでいた 私たち・・・・・

K・Y(空気が読めない) で
ごめんなさい
[PR]
by green-hanayu | 2008-05-19 06:43
今日は 市内 中高根へと 車を走らせました
途中の 水田は 田植えの稲が 定着し
緑色の 浮き草を 交えながらも 
まだ まだ 青空を 映していました

秋には また 豊かな実りが 期待されることでしょう

でも ミャンマーでは
あの米どころの 水田が サイクロンの被害を受け 
人 もろとも 死にかけています
天災とはいえ あまりにも むごすぎます

理由もない 災いは いつか 私たちの身の上にも・・・・

せめて 三日分の 食料と 水を 用意しましょう
そして 耐え抜く心の準備を 十日分 用意しましょう

それでもダメなときは あっさり あきらめて
ピンク色の ハスの花びらに 飛び乗り 
空へ 思いっきり ダイビングしましょう!
[PR]
by green-hanayu | 2008-05-17 21:51

中国四川省の 大震災

中国四川省の 大地震
テレビで 惨状を 見るたびに 胸が痛みます

13年前 
阪神淡路大震災のとき
神戸の 東灘小学校へ 入り
ボランティア活動をしたときのことが 思い出されます

私は ネイチャーゲーム協会の派遣スタッフとして 入りました
第二陣として ですが 時は すでに 発生より二週間たっていました

ボランティア村に 入村して まもなく
電気が 復旧しました
水道の復旧は かなり あとのことでしたが
自衛隊のかたが、 お風呂を設置してくれました

人々の会話に 互いを 思いやる言葉と
行動のゆとりが 生まれ始めていました

でも、 街の様子は ひどいものでした
エゴも かたちを変え ところを変え
なくなるどころか 職権の乱用も含め
泣く人は 黙って 泣いていました

人間の 無力さと せつなさ
それでいて したたかさと 温かさも 感じた日々でした

今回の 四川省の大地震は 規模が 違います
国の 事情も 異なり・・・・・
時間が 空を切るように むなしく 進みます

ひとりでも多くの方々の 命が 救われますように
幸せな日々が はやく 戻ってきますように
祈るばかりです
[PR]
by green-hanayu | 2008-05-16 22:03

レジ袋 ゴミ袋

『レジ袋を 断り マイバックを 持参しましょう!』
こうした活動が 大きく広がってきました

私の場合は ほとんどが マイバスケット で
レジを通した品物は そのまま 即マイバスケットに 入れますので
すぐ 帰途につくことが できます
そして、荷崩れすることもなく 重さに苦しむこともありません
すぐれた買い物の方法と 自画自賛しているのですが
今まで 他の方で 見たことがありません
それどころが
マイバックの方も ほとんど 見かけません

レジ袋の有料化が 進まなければ ダメなのか・・・・・

でも
今日 また 考えてしまいました

レジで渡しているのは 
市が指定している 燃えるゴミを出すときの 緑色のレジ袋
この袋を使って ゴミを出している
これは レジ袋の リユース ですね
たった一度 だけですが

それに対して 私が ゴミ袋として使っているのは
市指定の 45リッターの もの
これは 燃やすため だけに作られた 袋
一週間分 まとめて出す とはいえ 
この袋は 燃やすため だけの 袋

レジで 市指定のゴミ袋を いただいたほうが
燃やすため だけの 袋を 生み出さなくて すむのか・・・・

どうすることが いちばん 理にかなっているのかしら・・・・・
わからなくなってきました


 

 
[PR]
by green-hanayu | 2008-05-14 22:20

女性の ホームレスさん

今日は 3月の陽気とか
思いがけない寒さに セーターを 引っ張り出しました

この寒さ
あのひとは どうしているかしら・・・・

あの人とは わが町に住んでいる 女性のホームレスさん
お歳は 40歳代でしょうか・・・・・
キチンとしてらしたら かなりな 美人さんだと 思います
ただ すがたを 拝見するだけで
お話をしたことは ありませんが・・・・

いつも 思うことですが
どうして そう なってしまったのか と・・・・

でも 思いますに
彼女には 彼女なりの  哲学が あったのでは・・・・
そして
かくすれば かくなるものと 知りつつも
何ものにも 屈せず 媚びない 勇気があったのでしょう
単なる 怠惰の流れとは 思えない 凛としたものがあります

シアワセとは 杓子定規では 図れないもの
シアワセとは 見た目だけでは 決められないもの
そして
シアワセのかたちとは ひょっとすると 誰も わからず
それでいて 誰もが 持ち合わせているもの かも知れませんね  
[PR]
by green-hanayu | 2008-05-13 22:21

拉致(らち) 被害者

気がついて しまいました

動物園とは 拉致被害者 の 集まりだったんですね
拉致被害者とは もちろん 動物たちのこと

拉致は いけません
親から 引き離しては いけません
自然のすがたで 愛情たっぷりに 育つ権利が 
彼らにも あるのです !

人間には 許されない行為
でも
動物には お構いなし・・・・?
[PR]
by green-hanayu | 2008-05-12 22:00
溯って 4月29日 みどりの日・・・・でしたっけ?

「いきいき市原 ワンデーマーチ」という行事に参加してきました。
コースは、7キロ・10キロ・20キロ・28キロ とあり
私は とりあえず 10キロコースに 参加しました

このコースが いちばんの人気だったようで 409人が参加とか
7キロコースが 260人
20キロが 128人
28キロが 178人 だったそうです
そして ここに加わり 従事した関係者が 75人とか
ものすごい 人の和の 結集でした

それ以外に
たったひとりで 滝の場所を 切り開いて 見せてくださり
尚且つ
東屋を 建て 憩いの広場としてくださった方

市の職員の方が 連日 徹夜状態で タケノコ掘りをしてくださったとか

たまたま お弁当を食べたとき ご一緒してくださったご婦人が
「うちの 息子 タケノコに 殺されるんじゃないかしら」と
でも 笑いながら おっしゃっていました

そのおかげで とても 美味しいタケノコ汁を いただくことができました!
感謝です!

道中 楽しく コース案内をしてくださる方
フデリンドウ や タニギキョウ の群落
大小さまざまな 滝
みどり したたる 山路

全てが 素晴らしい 感動を 与えてくれました

完歩して 小湊鉄道の 養老渓谷駅で
木の香も 新しい 足湯の 場
温泉は 地元の温泉街の ご提供とか

そうそう
お昼の タケノコ汁 
割り箸の提供はなく プラスチック素材の箸の 貸し出し
返却してもらった箸は 洗浄消毒して また 使うそうです
行政として 初めての 取り組みだそうです

リユース ですね
『マイ箸』への 移行過程
これも じつに 爽やかでした!
[PR]
by green-hanayu | 2008-05-11 01:19

パンダは いりません!

今日 下見の関係で 市川市動植物園 へ 行ってきました

途中 中山競馬場の横を 通りましたら
大勢の 幼稚園生が
   遠足の ようです

付き添いの先生方より はるかにたくさんの競馬場スタッフの方々が
赤いジャージーの制服姿で 
「いらっしゃいませ!」 「行ってらっしゃいませ!」 
と お出迎えを しておいででした

競馬場って こういう 使われ方も しているんですね

市川市動植物園では 下見を終えたあと
せっかくきたのだからと 動物園を 一周

穏やかな 日差しのせいか 動物たちは 動きも少なく・・・・・
孔雀が きれいな 飾り羽根を ゆったりと 展開させていました

シロフクロウの シロくんが 
スケッチをしている 女性の前で 満面の笑顔を

ところが 職員の方の お話ですと
あの 笑顔状態のときは 威嚇しているのだそうですね

人間感覚では まったく違う そんなことも あるのですね

そして オランウータンの ウータン(♂)が
高台に登り ロープを掴んだまま
ぼんやりと 空を見上げています

何を 考えているのでしょう
故郷を 思い出しているのでしょうか
「どうして ボクは こんなところで こんな思いをしているのか・・・」
こんな声が 聞こえてくるようです

思えば 動物園とは 残酷な 施設
故郷を離れ 親元を離れ 
はるか異郷の地の 檻につながれ・・・・

喜んでいるのは 人間だけ
人間だけが 喜んでいるのです
動物たちは 犠牲者ですね

だから
パンダは いらない
パンだの借り賃 1億円とか 
それと 高いエサ代も 必要とか
パンダだって 拉致されてきて かわいそう

そこにお金を使うのなら
困っている人たちも たくさんいます

そうした人たちを 救って下さい!
こどもたちの ほんとうの笑顔のために 使って下さい!

パンダは いりません!
[PR]
by green-hanayu | 2008-05-09 22:36