自然は友達 あ・そ・ぼ!


by green-hanayu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

『森の熊さん』 その後

『森の熊さん』 が  1月に退院して以来 
初めて 親族での旅行を したんです と

伊東方面へ 一泊
それは それは 楽しかったんです と!

親族みんなで グランドゴルフに 興じ
そのあと ふたりの息子を相手に キャッチボール
夜は 夜で 息子たちを相手に 卓球の 球を追いかけ・・・・・

「動きが イマイチ・・・」と 筋トレの必要性を のたまう

ウソのような ホントのハナシが 始まりました
[PR]
by green-hanayu | 2008-09-28 22:51

孤高な 猫社会

ガス屋さんは
「今だ 参上 つかまつりませぬ~」

(わかるかしらねえ このセリフ 
  若い人 には ねえ・・・・
  由良之助でしたっけね 漢字は・・・・
  忠臣蔵の タクミノカミの セリフ・・・・
   字が わかりません・・・・・・・)

よって 猫談議を ひとくさり

ご近所さんに 猫大好きの ご家族が
お子さんは 息子さんばかり 5人で
もう 独立なさっておいでとか

そこのご夫婦が 大の猫好きで
それこそ 玄関には 山盛りのエサと お水が いつも

私は たまにしか その前を通りませんが
何匹の猫が どのくらい 訪れるのか・・・・

たまたま 通って 拝見しますと
最近は 年老いた皮膚病の猫が・・・・
もう ハゲハゲで 肌が赤向けで 痛々しくて・・・・

ある朝
「お母さん お母さん」と 呼ぶ声が
振り返ると そこのご主人が
声をかけながら 道路に ヨタヨタと出ていく その猫を
呼び止め 抱き上げて 引き返すところでした

あの猫は 「お母さん」と 呼ばれているんですね
たくさんの赤ちゃんを 産んだのでしょうね
そのこどもたちは 今 どうしているのか・・・・

猫社会は 孤高 と 聞きます
彼女も 今は ハゲハゲですが 花を咲かせたときが あったでしょう
たくさんのこどもたちに 慕われたことも あったでしょう
でも
その子どもに頼ることなく 孤高 を貫き通す強さを
美しいと 感じました
[PR]
by green-hanayu | 2008-09-26 16:05

深い 深い 山奥には

ガス屋さんは まだ来ません
そこで もう一話

動植物の豊富な 千葉県立清和県民の森
そこは 500万年前の 三浦層群清澄層からしてなる 県民の森
まさに 生物多様性の 過去と現在を語る 貴重な自然

地元の方々の 提供・協力により 成立した県民の森ですから
県民に貢献することは 前提

そのキャンプ場の女子トイレ洗面台の下に
猫用のベッドと いつ見ても山盛りの エサ そして水
おかげで
ここの野良猫は いつも 穏やかで 愛想がよくて 可愛いです

でも
いいのでしょうか?
生態系に 影響は ないのでしょうか?
木のふるさと館のかたに お尋ねしますと
「投書というかたちで 書いて下さい」 と

一月たちますが
今だもって お返事は ありません 

その道の 先生(名前の公表をはばかられる方)に 
メールで お尋ねしますと
「うまく 書けません
お会いしましたおりに お話します」
ですって・・・・・・

深い 深い山奥には 言うに言われぬ事情が 
存在するのでしょうね  きっと
[PR]
by green-hanayu | 2008-09-26 15:12

班長 副班長

先日 スーパーマーケットで
可愛い 女の子から 声をかけられました

「緑の少年団で お世話になりました」

言い終わって ちょこんと頭を下げると
3人のお友達と 走り去っていきました
そう言えば 地元の八幡小学校から 参加してきたこどもたち

県内各地から集まってきた小学生で 結成された少年団
植林活動などを体験しながら 地球環境について 学ぶ・・・・

その初日 10人一組で 班長を決めるとき
八幡小学校からと 君津でしたか
ふたりの 女の子が 班長に立候補して 譲らないのです
担当の先生が お困りのようでしたので
つい しゃしゃり出てしまい・・・・

「それでは、どうして班長に立候補したのか
おふたりに それぞれ その所信演説をしてもらいましょう」と
それを聞いて 班員が 後ろを向いた班長候補に 挙手をして 決めた・・・・

そのときの 班長になった 八幡小学校の 女の子でした

近頃 責任のある仕事を イヤがる風潮の社会に 
この ふたりの様子は とても 頼もしく映りました
やや控えめな班長に 積極的な副班長になった子が
よいコンビとなって支え そのあとのゲームや作業にも
よい成績を 残しました

こんな こどもたちが たくさん 誕生すると いいんですが・・・・
[PR]
by green-hanayu | 2008-09-26 14:39
先日 書き込みをしたのですが
あまりに 長かったから か
あれこれ ありすぎて 時間的にもかかりすぎたから か
途中で 消えてしまいました(泣)

メールのときのように
下書保存ができるといいのですが・・・・
(できるのかしら? 知らないのは 私だけ?)

と あれこれ書いていますと いつの間にか 時間がたち
枝に 葉っぱが吹き出て 花が咲き そして実がなるのです
作業中に メールがくると そちらへ 覗きにいってしまったり・・・・
来客が あったり・・・・

そして あるとき 突然 消えてしまう・・・・!

こんな繰り返しをしていますので
これからは 端的に 要領よく 上手に ことを 運びましょう!

と 言いながら 
今日も まもなく ガス屋さんが 来るはず
よって とりあえずの 言い訳は これまでとして
送信します

    「言い訳の多い レストラン?」 店主より
[PR]
by green-hanayu | 2008-09-26 14:17
我家の庭の 片すみ
赤い彼岸花が まだ 一輪ですが みごとに 開いています
あの造詣は やはり 神様の ワザ なのでしょうか
おもわず 見とれてしまいます

そっと 顔を 近づけますと かすかに かすかに 甘い香りが・・・・
香るんですね
はじめて 香りを 確認しました
でも 虫たちは あまり 訪れてはいないようです

そして 数日前には 
モズの 高鳴き を 聞きました
泉自然公園には オシドリが 来ているとか

秋ですねえ

今日は 真夏並みの暑さですが
明日は 急に 寒くなるそうです

季節は 行きつ戻りつしながら
でも 確実に 進んでいっているのですね

「暑さ 寒さも 彼岸まで」
・・・・・・・ ほんと かしら?

このめまぐるしい変化 楽しめるものであると いいのですが・・・・
[PR]
by green-hanayu | 2008-09-26 14:00

お彼岸 そして感謝

今日は 穏やかな お彼岸でした

我家の庭にも、ちょこっと、彼岸花が顔を出しました
これは、木更津の駅前にある太田山公園の歴史博物館からいただいてきたものです。
たしか、庭には、彼岸花は植えるものではないと、聞いたような気がいたいますが・・・・。
『赤と白とあるので、持ってきなさい!』と掘って持たせてくださったものです。
でも、出てきたのは、赤だけみたいですけど・・・・・。

お彼岸とは ご先祖様に 感謝する日 だそうです

今日の私は お墓参りには行っておりません
でも いつも ご先祖さまの 温かい 息吹を感じているようです

長かった人生 いろいろな道を 歩いてきました
分かれ道も たくさん ありました

どっちへ行こうか 迷ったり
行きたくない方の道へ 泣く泣く連れ込まれたり・・・・・

でも 今考えますと 進んだ道のどれもが みんな 私を幸せにしてくれています
泣き泣き辿った道も すべて 今日の幸せにつながる道 でした
きっと ご先祖様が 私を 守ってくださっているのだと 思います

ありがとうございます
心から 感謝申し上げます。
[PR]
by green-hanayu | 2008-09-23 22:43
9月12日(金) 環境カウンセラー協議会で
日本未来科学館へ 見学に行きました
その一週間後
千葉市科学館へ 福祉作業所の方々と 行きました

ともに 見学の時間がなく よく見たわけではありませんが
日本未来科学館は どれだけ 税金を使ったのか そのほうが気になりました
これだけの施設 どれだけ 有効に生きているのか 知りたくなりました
そのためには もっと じっくりと 時間をかけて見る必要性を 感じました
それでないと 迂闊に わかったような口はきけませんから・・・

千葉市科学館のほうは
福祉作業所の方々の 付き添いということで 行きました
みなさんは 電車に乗るのも 切符を買うのも 改札を通るのも
みんな 体験であり 学習とのこと

運動機能は ほとんど 正常で 特異なかたはおらず
マナーも 自然体で むしろ 友好関係の微笑ましさに 感動しました

千葉市科学館は 未来 とうたっていない分(?)
身近なものがあり 等身大の科学が こどもたちの夢を引き出してくれそう

でも それぞれの展示に その『意』を 解する努力より
『動』に走る 受身にして考えないヤカラ の輩出が 気になりました

担当行政は みて 何を 感じるのでしょうか
[PR]
by green-hanayu | 2008-09-21 20:50

中秋の名月に 思うこと

いま 外へ出て 夜空を見上げてきました

今日は 満月 
中秋の名月です
かすかに聞こえてくる 祭囃子に 耳を傾けるように
うすく 潤んだ満月が 天空高くから 下界を のぞいています

そう
我がまち 市原市八幡は 飯ケ岡八幡宮の 祭りの日なのです

近頃は 神輿をかつぐ 若者がいなくなった
山車をひく こどもがいなくなった と
衰退の様子を みせる 祭りですが

ほんらい 祭りとは 
 神に捧げる 祈りであり 感謝でした
そして 神とは
 太陽であり 月であり  雨であり 風でした

つまり 神とは
自然 そのものだったのです
自然の 大きな力に 感謝し 祈ったのです
それが 祭り だったのです

敬虔な気持ちが 失われつつある いま
先人の 知恵と こころを もう一度 取りもどしてほしいです
自然に感謝するこころ を もう一度 取りもどしてほしいです
[PR]
by green-hanayu | 2008-09-14 21:09

二百十日 台風到来日

9月10日
この日は 二百二十日でしたね 台風の到来日
私の台風(9月10日)は みごとに 通り過ぎました

姉崎公民館の主催事業(10月1日)の プレゼンです
パワーポイントに たくさんの写真を入れたのです

モウセンゴケが 花茎 というのでしょうか
首を 長く 長く そう 30センチくらい伸ばして
先端に 白くて 可憐な花を 咲かせている写真や
クサアジサイ シモツケ など 我ながらよく撮れた写真を
たくさん 用意したのですが
会場が フツーの 明るい会議室で
カーテンも 白い涼やかな 半透明のようなもの・・・・

パワーポイントを使うことは お話が決まった時点で申請しました
プロジェクターを用意していただく必要がありましたから・・・・

ザンネンでした・・・・・
でも 
みなさまに 気持ちだけは 伝わったようです

本番の10月1日
薄くて ハッキリしなかった 映像を
ご自分の目で しっかりと 確認していただきましょう
もちろん 姿かたち そして色が かわっているでしょうけど・・・・
それが 季節の 移ろいです
それが 自然の 姿なのですよね
[PR]
by green-hanayu | 2008-09-14 06:16