自然は友達 あ・そ・ぼ!


by green-hanayu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2012年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

夏の 思い出

我が家の前を 小学生の集団が 通ります
そうです 新学期が 始まったのです

たしか 以前は キャッキャ キャッキャと
にぎやかに 通っていました
それが 静か なのです・・・・
まるで 疲れ切って いるようなのです・・・・

夏休み 遊び疲れた のでしょうか

そういえば 8月1日と 2日
ある NPOが主催した こどもエコキャンプに 同行しました

このエコキャンプ 今年で10年目 だそうです
私は 最初から参加していたのでは ありません
たしか 二回め か 三回め からです
去年は 参加できなかった のですが
とにかく こどもたちの 成長の 速いこと 速いこと

リピーターの子どもたちが 多いので
その成長の 過程がわかって 驚くやら 感動するやら です

私の役割は 自然観察の指導などが 主 なのですが
今年は 薪割りや かまどの 火熾し なども

昼間は エビフライ(リスの食痕)さがし
夜は スターウオッチング
天の川は 見られませんでしたが 夏の大三角形 と アンタレスが 

地表では クロマドボタルの 幼虫が
青白い光を 点滅させているのが 印象的でした

「今度 また 会いたい」と 最後のアンケートに 書いてくれた女の子もいて
私も また 行きたくなって しまいました・・・・・

いい歳をして
まったく どうしたもんでしょうねえ
と 申しますのも
身近で 骨折した方が4人 ご病気になった方が 3人
今年4月7日に 里見の 与一郎桜の お花見で ご一緒した方が
7月25日には お亡くなりに なりました・・・・・

もっとも 4月7日には 与一郎桜は 
まだ 固い ツボミでした
そして 10日後に 訪れた時は まさに 絢爛たる花模様

ご病気になったり 骨折をなさったお方は
おひとりを除いては みなさん 私より お若い方ばかり・・・・

窓から 無言で通過する 小学生の姿をみながら
いろいろな 思いに 駆られてしまいました

a0052755_21564896.jpg

2012年4月17日の 与一郎桜 
[PR]
by green-hanayu | 2012-08-30 00:37
先日 テレビを見ていて うれしい情報を ゲット しました!
それは シマトネリコの樹液が 
どうやら クヌギや コナラと 同じらしいのです!
たくさんのカブトムシが 樹液をなめに  来ているのです!

たまたま選んだ 我が家の シンボルツリー
そうです シマトネリコです!

いつか 
我が家の庭にも カブトムシが 来るかもしれません
カナブンや オオムラサキも 来るかもしれません
スズメバチ・・・・・ 怖いですけど
昆虫レストランを オープンさせるには 来ていただきたい

街は どんどん近代化していきますが
近くの 小学校や 中学校
そして 線路を 超えた先には
由緒ある 神社も あります

緑が保たれ 多様な生物の存続環境は 整っていると 思います

a0052755_10443441.jpg
これは 私の 左手 です

手や 指が 物差しの 役割を 果たします

ご紹介したいのは 我が家の シンボルツリーの シマトネリコ
高さ 145センチ 
9本の 細い幹が 束生 しています
7本が 小指の太さ 2本が 親指の太さ です


でも 20年後には 手首くらいの 太さと なるでしょう
立派な 昆虫レストラン と なることでしょう

私は 生き続け 見届けなくては なりません!
[PR]
by green-hanayu | 2012-08-24 11:17

アカテガニ ~その2~

今日は 8月17日
今から およそ 半月前

私も アカテガニの 産卵 ではなく
放仔(ほうし) を 覗いてきました

音もなく、水辺におりてくるカニ カニ カニ
水辺に来て 全身を震わせて 放仔

そのゾエアをねらい 水面をにぎわす
   ボラの稚魚 テナガエビ など など

残酷なようで 命の つながり を 確認させる 現実

河口近く 大きな月が 昇ります
川面に その姿を 映します
その光の帯を ボラが飛び上がり 蹴散らします

満天の星空 流れ星が ひとつ
東京ドイツ村でしょうか 音のない 遠い花火

十分に癒されて 帰ってきました
[PR]
by green-hanayu | 2012-08-17 22:00
これは 今朝の 我が家の グリーンカーテンの 様子です
a0052755_158524.jpg


手前の花は 琉球アサガオで 『エメラルド バイオレット』
一鉢 たしか 298円だった と思います

あまり深く考えずに 買ってしまったのですが
なんと ものすごい速さで フェンスを 駆け巡っています
毎朝 可愛い 爽やかな 花を 咲かせてくれます

その後ろは もちろん ゴーヤ
長いもの や ヒメタイプのもの 白いものなど たしか4種類は あったと思います
それが
見事に育って 実も たくさんつけてくれています
もう 収穫は 始まっています


7月4日
あの 台風もどきで 全滅状態だったのが
よく ここまで・・・

自然の力の 偉大さ に 敬服し 感動です
[PR]
by green-hanayu | 2012-08-15 15:22

アカテガニの放仔

うれしい! です!!

初めて 写真の挿入が できました!

わかっている人には なんだあ と 笑われてしまいますが
私にとっては 感動です!

これから ブログに はまりそうです!

それには 写真が うまく撮れなくては・・・・

写真では ご紹介できない
つまり 撮影技術の 未熟な私は 
初めから 撮影放棄した 感動のできごと!

それが 8月4日 アカテガニの 放仔(ほうし) でした!
非公開の この 観察会
詳しい情報は お伝えできませんが 
ほんとうに 感動のひととき でした

日没を待ちかねて 18時半頃から
アカテガニが ソロリ ソロリ と 護岸を降りはじめます・・・・・

私たちは 息をひそめて 流れの中で 彼らを 待ち受けます

あたりは ゆっくりと 暮れなずんで いきます
時おり ゴイサギが 奇妙な声で 鳴きます
本流の中で ボラが ハイジャンプ の 水音を 響かせます

・・・・・ お時間が 来てしまいました
また ご報告 いたします・・・・・
それでは それでは・・・・・・
[PR]
by green-hanayu | 2012-08-14 16:26

ケロ君 ご紹介

ケロ君です!
a0052755_15364826.jpg

[PR]
by green-hanayu | 2012-08-14 15:40
今朝も アマガエルの ケロ君に 出会いました
散水の音に 自分から 這い出してきたのです

その場所は わずか1メートル四方の 土地
周囲を 赤レンガで 囲み
中心に 高さ1メートルほどの シマトネリコ
これが 我が家のシンボルツリー 成長中 です
その4方に ハイネズの 小さな株を 植えました
あいだを 赤松の樹皮の ウッドチップが 埋め尽くしています

ケロ君は そのウッドチップの下から 出てくるのです

とても可愛かったので 思い切って 写真を取り込んだ・・・つもりでした

でも ダメ でした
文面だけで 写真は 入っていませんでした
もう少し お勉強してみます

ステキな 自然との 出会いのために!
[PR]
by green-hanayu | 2012-08-14 15:26
今朝 我が家の 庭に
シンボルツリーとして 植えた シマトネリコの 根元に
アマガエル が 現れました

初めてであったときは 7月はじめ・・・・・でしたか
周りには 池は おろか 水辺は いっさい ありません
流れ と いえば 下水路に つながった U字溝が 蓋の下にあるだけ
オタマジャクシとは 無縁の 街 なのです
それが まだ しっぽの跡を 残した ニホンアマガエルが・・・・・

それからというもの 4~5日は
散水をするときに 可愛い姿を 見せていました

それが 猛暑が あったりで 
姿を 見かけることが なくなりました

ダメだったのかな・・・・ と 思っていました
それが それが 今朝!
姿を見せたのです!

立派な 大人の顔に なっていました!
彼(彼女?)のために 何か してあげたい
どうしたら よいのでしょうね?
[PR]
by green-hanayu | 2012-08-12 11:33
劇団 よこはま壱座 第4回公演
 脚 本:山田 太一 
      そう みなさんご存知の 『北の国から』の あのお方
 演 出:濱田 重行
 演 目:「二人の 長い影」
         馬車道通り 関内ホール にて

戦前 戦中 戦後 を 生き抜いた ふたり
長い影 が その軌跡を たどり
秘められた 記憶のとびらを 開く・・・・・・

その芝居を 観て きました 

女主人公 小林久美 役
70歳を とおに 過ぎて
ウン十年ぶりに 舞台に 立った・・・・・
しかも 6月13日に 出会ったときは
左足 骨折で  白いギブスが 痛々しく
2本の松葉杖 で やっと 自室を 歩いていました・・・・・

それが 一か月後
立派に 舞台に たっていたのです
骨折したなど 微塵も 感じさせない 舞台 でした

金曜日こそ 夜のステージ だけでしたが
土・日の 昼夜を 含めると 5ステージを 踏んだのです

芝居は 大成功 でした
拍手が しばし 鳴りやまず 席を立とうとする人は いませんでした

思わず 涙が 出ました・・・・・

エレベータの ない ビルの 4階
そこが 稽古場 だったのです
始めは お尻で 階段を 昇り  お尻で また 降りました
そのうち 一段づつ 足をそろえて 
       昇り降り できるように なりました
そんな状態で 舞台に たったのです

降板を 願い出たにもかかわらず
「だいじょうぶ 治るから・・・・」 とは みなさんの お声
そのお声に 励まされて・・・・・

舞台の 暗転では さまざまな ハプニング が あったそうです
手を ひかれて 右往左往
小道具の 取り違えなど 大笑いの 種 となった そうです



公演を 終えて そろそろ ひと月
いま 彼女は 激痛に さいなまれて います
リハビリに 懸命です
フツウの人 に もどったのです

しかし あの 舞台の底力 は 何だったのでしょう?

心頭滅却すれば 火もおのずから 涼し ?
火事場の 馬鹿力 ?

いえいえ やはり 役者根性 なのでしょうね!
何事にも ひたむきに取り組む 姿
尊敬です!!

こういう人が 姉 であることに 誇りを 感じます
私自身の 人生の はるか先 が 
    見えてきたような 気がします
[PR]
by green-hanayu | 2012-08-12 00:29
8月7日は 立秋 でした
もう 秋です

この夏 あまりにも 感動することが 多すぎて・・・・

ことに7月13日 金曜日 夜
この日のことは 鮮烈で 驚きで 喜びで 勇気であり 尊敬であり
安心であり  甘えたくなる・・・・・・

そんな 複雑な感情が 交差する 感動の一日 でした
ここに どう 書き表しましょうか と 
うかつには 書けない  と・・・・・・
手が 止まってしまった ままでした

でも もう 今は 秋
次から 次へと 心躍る出来事が たくさん 起こってきて います

うまく 表現できそうにありませんが ご紹介 いたします

まずは 7月13日 金曜日の できごと

ということで お時間が 来てしまいました
また ご紹介 いたします




 
[PR]
by green-hanayu | 2012-08-11 16:27