自然は友達 あ・そ・ぼ!


by green-hanayu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

私の 時間

今日 恒例の 工務店さん主催の 芋ほりへ 行ってきました

道中 去年の コスモス畑の 大きなうねりを 期待していたのですが
規模は 半分に 
そして 花期は やや 早め でした・・・

あの牧場に 群れていた 子牛の 姿は
そのときは 一頭も なく・・・・

世情の 移り変わり というのでしょうか
何が そうさせたのか 
何を どうすべき だったのか
寂しい 変化 でした

そんな気分を 払拭してくれたのは
見事な お芋  確かな 手触り
美味しい トン汁 焼きそば フランクフルト・・・・
ここまで ご用意くださった 皆様に 感謝

折しも 降り始めた雨に 家路に つきました

家では 今年 最後の ゴーヤを 調理
今では 緑のカーテンも だいぶ薄れ
あちらの 景色 が 見えるようになってしまいました
でも まだ 小さなゴーヤは 限りなく・・・・・
黄色い花も たくさん 咲いてます
ナスの花も 五つ 六つ と 咲いています
しかし もう すぐ 11月  育たないでしょうね・・・・・・


季節は 確かな足取りで 進んでいます
そして 私の 時間も・・・・
[PR]
by green-hanayu | 2012-10-28 22:12 | 環境

今を 生きる

いま 静かに 雨が 降ってきました

眼をあげて 窓から お隣のお庭 というか
トマトと ナスの 小さな畑 (畳1枚ほどですが) を みています

ご主人が 病と 戦いながら 育てています
高さ120センチくらい でしょうか トマトが 元気に育っています
午前中は 穏やかなお天気でしたので 誘われて か
台車つきの杖を 転がしながら
トマトを 摘んで いらっしゃいました

そのお隣さんは 我が家が 建つ前から 住んでおいででした
全部で 7軒 いずれも 平屋建ての 同じ間取りの 貸家 です

でも この お宅も 今年度内に すべて 取り壊される そうです・・・・

最近 いろいろな方から メールや お手紙や お電話を いただきました
変わりゆく街並み 変わろうとしている ふるさと
思いも さまざま なようです

習志野市の 市民会館の お話・・・・
戦後の歴史 青春の思い出  
偶然出会った方との 過去と 今と 未来
 
失われ行く 過去への 愛着と 郷愁と 憐憫

私たちは 良くも悪しくも すべて 歴史の中に 息づいています
そして 私たちは 
意識してもしなくても とにかく 歴史を 作り上げているのです
歴史を 作り上げていく 人間のひとり であることには 間違いないのです

ジャンヌダルクに なろうなんて 大それたこと
どなたも まったく 思っていないでしょう
穏やかな 人生であれば それで 良し と

その穏やかさが 時として 烏合の衆 となり
歴史を ゆがめてしまう・・・・・・ と

それは 怖いこと です
ですから
しっかりと 見て 聞いて 意見を 言いましょう 自分なりに・・・・・

それが 私の お返事 です
昔を 語り 今に繋げ 未来への 提案とする

そのなかに 自分なりの 軌跡を 敷きましょう よ
今を 生きる 人間として
[PR]
by green-hanayu | 2012-10-17 17:14 | 環境

すがすがしい 勇気!

秋の日暮れは 速いです
そして 時間単位では
日の出は もっと もっと 遅い と 感じます

そうしたなか
私にとって 12月の半ばまでは 
たぶん キリキリ舞なのでは・・・・・・・

スズメバチのこと ケロ君のこと など など
お話したいことは たくさん あります

たぶん このブログは しばしの お休み となるかも・・・・・

その前に どうしても お話したいことが あります!

先日の プールでの できごと
女性数人が 大笑いしながら おしゃべりしていました

「ねえ あれ あなたの 忘れ物 でしょ?」
「ちがう 私のじゃない 私のは あった もの!」
「え? じゃ ほかの だれかなの?」
「あなたの でしょう?」
「あなたの よお!」
「違う ったらあ!」

大笑い なのです

あまりにも 楽しそうでしたので 私も つい
「え? なに なに?  どうしたの?」 と

すると 彼女
胸を ポンと たたいて
「これよお」 と

彼女は 水着の 左の胸を さっと 開いて
私に 見せてくれたのです

彼女の 左の乳房は ありませんでした

「手術で とっちゃったの
その時は 死にたいくらいだったの
でも しょうがないし・・・・
思い切って プール 復活しちゃった
お風呂も 今じゃ 堂々と 入っているの」 と 明るく 笑いました

もう一人の女性は
今年の2月 肺がんの 手術を 受けたそうです
水着の端から 背中にかけて
手術のあとが 走って います・・・・

「ときどき 息切れがしちゃうので そんなときは パス するの」

お二人とも 明るくて 笑顔が とても ステキ!

お二人から すがすがしい 勇気を いただきました!!


 
[PR]
by green-hanayu | 2012-10-08 21:19 | 環境
今 ラジオを BGMとして 聞いていました
そのなかで どこかの国の 教会で
信者のかたが 連れてきたペット すべてに
祝福を 与えていたそうです

その神父様 いわく 
「私は どんな生き物にも 神の祝福を あたえます」と

私は 無神論者 ですが
これが ほんとうの 愛 であり 慈悲 だと思います

近頃 ちまたでは
スズメバチを見つけると とにかく 駆除ありき です

それは 違うと思います
スズメバチも この 自然界での 大切な 役割を 果たしています

かつて ニホンオオカミを 人畜に害をなす 悪い生き物と
人は オオカミを 完全に 抹殺してしまいました
その結果として 生態系が乱れ 
動物界 のみならず 植物界にも 異常をきたしています
本気で オオカミ復活 を 唱えているかたも おいでです

人の都合で 種を 抹殺するようなことは 許されないのではないでしょうか
生物多様性のなかにあってこそ ヒトという種も 存続することを 許されるものと 思います

ほんとうは もっと 言いたいこと あります・・・・
でも 時間がありません・・・・・

また また 次の機会に お話させてください
[PR]
by green-hanayu | 2012-10-08 11:35 | 環境

震災 心の準備も

今月1日づけの 市報に
「市役所本庁舎の耐震対策 4つの選択肢 検討会開始」と ありました

本庁舎は 1972年に 建築
平成22年に 実施した 軸耐力補強工事での 検証結果は
震度6強以上の大地震では 倒壊・崩壊の 恐れありと・・・・・・

今まで 学校などの耐震改修を 優先させてきましたが
東日本大震災を 機に 市民サービスの拠点である 本庁舎の機能を 見直すことになったそうです

こうした動きは 日本国中 あちこちで・・・

千葉県習志野市では 本庁舎が 建て替えとのこと
先日のテレビで 市長さんが 
「思い出の詰まったこの建屋と お別れするのは つらい」と 述べておいででした

そのお気持ちは 弱小 我が家の場合とかんがみて 
わかりすぎるほど ほんとうに わかります・・・・
でも 決断すべき時 は おのずと訪れるものなのですね・・・・・

失礼ながら 市民会館も 建て替えのとき なのでしょうか
かなり 時代を 経てきているよう でした

ご案内くださった方に ステージの立ち位置や 
パソコンを使う関係から 電源の場所などを 確認

その返す言葉で 「避難口は どこでしょうか?」と お聞きしてしまいました

担当の方は 「スミマセン 古い建物で・・・・」と 恐縮顔

そうではないのです 
当日は 200人からの方々が お集まりくださるとか
大勢の方ですので お聞きしたかったのです

「4つのドアーの どちらからでも いいですか?」 と
お部屋ひとつのときは そうは あからさまには お聞きしていません

すると
 「ステージに向かって 右のドアーは 急な階段につながっていますので
そこは 避けてください」と
やはあり お聞きして 良かった と 思いました

もし 震災とか ありましたら
マイクを 握っているのは 私です
落ち着いて みなさんに 呼びかけなければ 行動しなければ なりません

間違っても 私が
「キャー  コワイー!」 などとは 言ってはなりません
今から 心の準備も すべきと 覚悟 いたしました
[PR]
by green-hanayu | 2012-10-07 22:54 | 環境