自然は友達 あ・そ・ぼ!


by green-hanayu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2014年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今日は 大草の 谷津田を 調査・観察
秋の気配が ちゃんと 忍び寄っていました

ガマズミの 見事な赤い実
その枝に 寄り添う ゴンズイの 赤い実

コバノガマズミも ツリバナも トキリマメも
みんな 赤い実

サラシナショウマの白い花穂 トリカブトのつぼみ
ツリフネソウの 優しい 赤

自然は ほんとうに 心を癒してくれます

しかし それにつけても 
御嶽山の噴火は 心痛みます

自然のちからの 偉大さ 素晴らしさ そして 恐ろしさ
人間のちからの いかに ちっぽけであることか

謙虚に受け止めて 
でも 自然とともに
歩んで いきたい
そう 思います


15年くらい前 でしたか
アカコッコに あいたくて
三宅島へ 行きました

雄山で お弁当を 食べました っけ
お尻の下が 大地が
暖かかった ことが 思い出されます・・・・
[PR]
by green-hanayu | 2014-09-30 22:21
今日は 大草の 谷津田を 調査・観察
秋の気配が ちゃんと 忍び寄っていました

ガマズミの 見事な赤い実
その枝に 寄り添う ゴンズイの 赤い実

コバノガマズミも ツリバナも トキリマメも
みんな 赤い実

サラシナショウマの白い花穂 トリカブトのつぼみ
ツリフネソウの 優しい 赤

自然は ほんとうに 心を癒してくれます

しかし それにつけても 
御嶽山の噴火は 心痛みます

自然のちからの 偉大さ 素晴らしさ そして 恐ろしさ
人間のちからの いかに ちっぽけであることか

謙虚に受け止めて 
でも 自然とともに
歩んで いきたい
そう 思います


15年くらい前 でしたか
アカコッコに あいたくて
三宅島へ 行きました

雄山で お弁当を 食べました っけ
お尻の下が 大地が
暖かかった ことが 思い出されます・・・・
[PR]
by green-hanayu | 2014-09-30 22:21

ヒガンバナ の 赤

曼珠沙華 で 思い出しました

もう 10年くらい前でしたか
NHKのTV放送で
どうしても ヒガンバナが 必要で
「どこか 咲いているところを 知りませんか」とのこと
市原市の 馬立 あたりを ご案内し 採取しました

ところが 時間が 夕方(ラッシュアワー)となり
とても 手持ちでは 帰れそうにありません・・・・
それで 結局 お送りしたのです

代々木のインターで 降りて そのままの延長で NHKへ

あのときのディレクターさんから お礼にと
NHKの 世界の時間がわかる 腕時計 か
カードラジオ  
どちらか 受け取ってくださいと・・・・

私は カードラジオを いただきました
NHKの印字と
相撲風景が 浮世絵ふうに 描かれて いますもの

その前に 出演料の一部として いただいた デジカメは
比較的 はやく ダメ になってしまいましたが
カードラジオは 今も 健在に 作動しています

ヒガンバナの 鮮やかな赤が
そんな 昔の 思い出を 呼び起こしてくれました
[PR]
by green-hanayu | 2014-09-27 23:36

秋と 冬の 使者

我が家の 庭に
秋と冬の 使者が  やってきました

秋の使者
それは 真っ赤な 曼珠沙華
すっかり 忘れていました
冬咲きアヤメの 葉を守るためにセットした 
スダレの中から 首を 出してきたのです!
ちなみに 去年は まったく音沙汰なし でした・・・から
a0052755_1573048.jpg


冬の使者
それは スイセンの芽です
ハナミズキの根元に 隠れるように 
でも かなり 背伸びして 
顔を覗かせていました
a0052755_1581862.jpg


ゴーヤは そろそろ 終わりです
でも 根性で へばりついて います
今年は 料理のレパートリーも 増えて
大いに 活躍してくれました!

でも 疲れてしまったのでしょうか
写真が
どうしても 起き上がって くれません・・・・

寝ころんだまま で
態度 悪くて スミマセン
a0052755_158592.jpg


左側の モンスター状態に へばりついているのが ゴーヤ
右側から 飛び出している枝が ベンジャミン
真ん中に 盛り上がっているのが 青紫蘇(あおしそ)
小さな庭は ゴーヤと シソで てんやわんや でした


しかし
今年の季節  ほんとうに 迷走 ですね !
[PR]
by green-hanayu | 2014-09-25 20:08

   友

6月 でしたね
Kさんから 突然 お手紙を いただきました

「どう してますか?   お元気ですか?
お会いしたい です」 と  自筆で 

変わらぬ 優しく美しい 文字です

彼女とは 15年か 20年くらい前 でしたか
おなじ環境問題で 一緒に 活動していました
それが それぞれに 組織の代表となり
多忙のあまり 年賀のご挨拶も いつしか絶え
音信不通となって 10年くらい ・・・・・たちました か

彼女の活動は 今や 政治の世界にまで 広がり
遠い 存在のように 感じていました

その彼女が 「お会いしたいです」 と  自筆で

一般的には 「怖いもの」でも 見るように 
さっと 引く 風潮を 感じていましたとき だけに
彼女の優しさは ほんとうに 心に 響きました
・・・・泣き虫のワタシ は 泣いて いました


林間に 酒を温めて 紅葉を炊き
 石上に 詩を題して 緑苔を掃う  (白居易)

      (これで よかったかしら?)


こういう 季節に なりましたねえ

ねえ ねえ いつか
 いっぱい やりましょうよ  ね!!
[PR]
by green-hanayu | 2014-09-22 16:25

黄門様の ご印籠

入院体験を 「面白かった!」とは 少々 不謹慎かと 
「貴重な 体験」と すべきなのでしょう と 反省 しております・・・

ネ(根幹)が  いい加減(良い加減)で  お調子者(ネアカ)なので・・・・
  ( )書きは そう ありたいという 願望 です 
つい  メジャー狙いを してしまいました・・・・

でも いろいろな人と 出会えて 
いろいろな出来事が あって
いろいろなシーンにも 遭遇できて
とても 興味深くて 
とても やはり 楽しかった(スミマセン) の  です・・・・
おいおい ご紹介 いたしましょう

この体験のおかげで いろいろなことを 学ぶと同時に
いろいろな『恩典』を たくさん たくさん いただけるように なりました!

もう『黄門様のご印籠』を いただいたようなもの  です!
人生に 怖いもの なし!
そう 気をつけることは ずっこけないように すること!! だけですね

この『恩典』を 有効に 活用し
世のため 人のため 
そう 今まで がんばってきた 私のためにも
第二の人生を スタート いたします!

2009年秋 四街道駅前の占いの先生が 私の顔を しみじみと 観て
こう おっしゃいました
「あなた ここまで よく 生きて これましたね
 でも もう 心配は いりませんよ
 丈夫で 長生き できますよ   幸せな人生 ですよ!」 と

出生から 今までを
先生は どうして おわかりになったのでしょう?
それが 『易』 と いうものなのでしょうか?
不思議 です・・・・


お医者さまからは 5月20日 
「水泳 OK!  ダイビングOK!  運転 もちろんOKですよ!」と
お墨付きを いただきました

今年は 天候不順でした  が   来年こそ ダイビングに 行きたい!
国内 で いいですから

入院中に ちょっとしたハプニングが あって
その 原因を作った方が ダイビングの本を プレゼントしてくださいました!

私の頭には ダイビングは やはりセブ島で と あったのですが
その本を読んでいますと 日本でも いいかな と
沖縄では ハンディのあるかたを 対象としたダイビングスクールも あるんですね

とにかく 行きたい! 潜りたい!!


今から ワクワク しています!!
[PR]
by green-hanayu | 2014-09-21 22:32

桜は 満開に!

今日 9月19日
ちょうど 6カ月前の 19日
お産以来の 入院をしました
桜は まだ 裸木 でした

お医者さんの 強引な おすすめで・・・・
私が シブルと 息子のところにまで 電話して
「なに 考えてるんですか!」

結局 説き伏せられて・・・・

だから 最後の最後まで 泳ぎまくってから いきました

手術室に 入って
手術台のベッドが 意外と 狭かったので
「ずいぶん 細いんですね」と言いますと
「そうですよ あなたを よく見ることが できるように ですよ」

その言い方が 赤ずきんちゃんの オオカミのセリフに似て いや~な感じ

逃げるなら 今しかない と 思いました が
周りの男性方は ちから 強そう
女性も すばしっこそう
で 手術は 局部麻酔で 開始

「どうですか?」と聞くので
「痛いです」と 言うと
「はい キョクマ(局部麻酔のこと)」

また 「どうですか?」と 聞くので
ふてくされて 「痛いです」
と すかさず 「はい キョクマ」

で 「そんなに 注射ばかり打つと 金額が 高くなりますよね?」と聞くと
「いや~ 一式こみこみだから 大丈夫ですよ」と あっけらかんと 言う

あ~だ こ~だ と 言ううちに 2時間とはかからず 終了

その日と 翌日は おとなしくしていなさいと 動かなかったが
胃が悪いわけでもないし 痛い・苦しいもなく とにかく ヒマ

2週間の入院でしたが 結論的に言いますと 「面白かった!」 です!!

4階 4人部屋 窓際の いちばん眺めのいい ベッド でした
無理やり入院させたので 少し 気を使ったのでしょうか?

この2週間で いろいろな人生があることを 知りました
感動も ありました
大笑いしてしまうこと も 多々 ありました
思いがけない出来事に 胸 躍らせたことも ありました

このことを通して 私は 
人の心の ほんとうの優しさ に であうことが できました

退院は 4月1日 エイプリルフール (私らしい)
桜は 満開に 咲き誇っていましたっけ!









 
[PR]
by green-hanayu | 2014-09-19 22:39

小さな 約束

そう 子どもエコキャンプでのこと

今回こそ 最後のとき と 心得て
最後に 『小さな約束』を 皆さんと 歌いました

♬ 忘れないでよ 小さな瞳を
  胸の奥に 残して おいてよ
 忘れないでよ 小さな心を
  清い笑顔に 思いを 託そう・・・・ ♬

一小節を 先に歌い あとに ついて歌ってもらいました

そんな チャチな演出をしたせいか
最後の お別れ のときに 
スタッフとして参加していた大学生たちが
『また 合いましょう!』
『来年 お会いしましょう!』
『また ここで 合いたいです!』
などと、口々に 言ってくれました

子どもたち も
『また ね』
『元気で いようね』
などと 言って ハイタッチ したりしました

主催者の方の 慰労の意味での 差し金か とも 思いましたが
まんざら そうでもなく 本気みたいでした

よって 私は 来年も 講師のひとりとしての お約束を してしまいました
ただし 来年も このまま 元気 でしたら ね!

それは 私にとって 『小さな約束』 となりました

がんばらなくっちゃ~!
[PR]
by green-hanayu | 2014-09-14 23:05
デング熱が 猛威を振るっています

代々木公園 明治神宮 など
あちこちの公園で 殺虫剤が 散布されています
これ以上の伝染を 防ぐためには 仕方ないのでしょうが
チョウやセミや コオロギなど どうしているのでしょう

この殺虫剤散布を 無事やり過ごして 
また 姿を 現してくれるのでしょうか
鳴き声を 響かせて くれるのでしょうか
花や 樹木は 実をつけて くれるのでしょうか
まさか とは 思いますが
『沈黙の春』が やってくるなんて ことは ないでしょうよね

代々木公園は 以前 よく 行きました
その昔 東京オリンピックの時の 選手村 に 宿泊して
いろいろな 活動に 熱中しました

そういう時は
高速4号線の代々木インターで 降りますと 宿舎は すぐ
桜の古木に包まれた 駐車場は 未舗装で もちろん 無料でした
それが 7~8年前でしたっけ あんな立派な 建物になってしまって・・・・・

便利は便利で とくに お風呂や 食堂は 快適なものと なりました
でも 何か 昔が しのばれます・・・・・

おびただしい セミの 鳴き声
秋の夜の すだく虫の音
ゆるやかに 舞う チョウ

来年も お会い できますよね
[PR]
by green-hanayu | 2014-09-12 21:58

中秋の名月 そして 鳩

昨日は 中秋の名月

大きな 大きな 
お盆のような 月が・・・・

うっとりと 見上げていますと
ふっと その月を 横切る 鳥のかげ

そのとき 
昨日 訪れた本納の 神社のことを 思い出しました
名前は 失念しました (ごめんなさい)
前庭に 樹齢400年という クスノキの巨大な 根 が
説明つきで 保存されていました

その神社のお向かいで 私たちは お弁当を開いたのです

すると 傍らに積まれたブロックの上に 1羽の伝書鳩が いました
両方の脚に 送信環(で よかったのでしょうか)を つけた
色 鮮やかな 鳩 が 1羽

動かない のです
ふつう そばへ 人間が来たら ぱっと 飛び立つ はずなのに

お弁当を 食べ終わり・・・・
でも 彼は 身動きすらしません
みると 後ろ羽のあたりが 少し 乱れています
ケガをしているのでしょうね  飛べないで いるのでしょうね・・・・

落ちていた お菓子のカップに 
いつも 非常用に持参している 水を 入れ
そっと 彼のそばに 置きました

逃げるそぶりを みせていた彼

でも やってきて 水を 飲み始めたのです!

しかし 途中で 隣家の猫が 2匹
彼を 襲ってきました
私は 思わず 大声を あげて 追い払ってしまいました!

猫は 私たちがいる間は 二度と姿を 現しませんでした

時間が来て 出立するとき 残りの水を カップに入れてきました

あのあと 彼は どうしたのか・・・・


あの満月のなかを 横切って 飛んだのは
元気になった あのときの 鳩
彼 で あって ほしい と 願っています

私に あいさつに 来てくれたのかな
"ごきげんよう” って


 
a0052755_1423057.jpg








 
[PR]
by green-hanayu | 2014-09-10 14:23