自然は友達 あ・そ・ぼ!


by green-hanayu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

a0052755_06170072.jpg
今日も 穏やかな 秋の一日
しいのもりへ 市のかたと 里山会のかたと
下見に 参りました

そこで 知ったのです

このしいのもりの 誕生が 企業に課せられた緑化率からの プレゼントと

企業のおかげで 存在し得た しいのもり であることを
さらに 企業側の すべての方々に 
自然と 人類との共存を 図ろうという 
その意識が 現場に働く方々にまで 流れているということ も

今 問題となっている 大手建設会社の 
責任は下請けにあり という
情けない事態 とは 違う こと を

こんなお話を 聴きました
今回の企業開発に伴う 水路消滅に
おびただしい数の トウキョウサンショウウオの 卵塊を
保護・移動 させようとした 里山会の方々に
「ご苦労さまです」と 作業の手を止めて 見守って下さった 現場の方々
行く行くは 一緒に保全活動の ボランティアを させてくださいとの
申し出も あったそうです

私は いつもこの森に 
コロちゃん(メスの老犬)と散歩に来る飼い主さん同様
自然破壊だ 環境破壊だ と 怒りを感じていました

違ったのですね

悪い話しは 隠しても すぐ バレるものですが
良いお話は なかなか 伝わりません
だからこそ 私は 当日 インタープリターとして 
ご参加くださるみなさんに お伝えしたい
その経緯と 良きお話を はっきりと

相互に理解しあい 協調できる 関係でありたい のです

すぐ 方向転換する私を 無節操と おっしゃる方もおいででしょうね
でも 自らの非を 知った時には
それを 改めるのは 瞬時たりとも やぶさかではありません

ここまで 来てしまった 現状
視点を 変えることにより 守られるものが ある・・・んですよね

だから 申し上げたい のです
私の信条 『足るを知る生活 を すべきではないか』と いうこと
自然界に生きる 生き物人間 としては 欲張り過ぎます
もっと 謙虚に 地球環境を考えて 暮らすべきではないかと
ほんとうの 意味での 考える葦 となってほしいと 
しみじみ 思います

24時間営業は 病院と 消防署と 警察 だけで いいじゃないですか
終日営業するから 生活に メリハリがなくなり 
惰性の生活が 蔓延し 
不逞のやからが 深夜に うろつくようになるのでは ?

夜の暗闇は 全ての生き物にとって 大切な時 なのです

ライトアップや イルミネーションは 人間という生き物だけが 喜ぶもの
自然界の樹木や 生物にとっては 苦しみ以外の 何物でもありません

人間としての 癒し の 探し方は
ほかにも あるのではないでしょうか


今日の しいのもりは 秋の実りに 
輝いて いました
この輝き いつまでも いつまでも
変わらないで ほしいです・・・・





  



[PR]
by green-hanayu | 2015-10-22 23:48

しいのもり の 悲鳴

先週は たくさんのことが ありすぎました!

とくに 鮮烈だったことを 記します

14日 穏やかな お天気でした
その日差しが あまりにも 穏やかでしたので
昼食後 思い立って しいのもりへ

隣接する雑木林が 伐採される とか
その名残を 瞼に 残しておきたかったからです

モズの高鳴きを 聴きながら
歩む杣道は イノシシの掘り起こしが 著しく
ミゾソバは 例年になく 赤く あでやかでした
a0052755_10402629.jpg

それぞれの場所で 鹿威しの 澄んだ高音が
秋空に 響いていました
a0052755_10485903.jpg

でも
問題の雑木林には すでに重機が入り
見るみるうちに 木々を 掘り起こし なぎ倒し
その悲鳴が 重機の機体の 反射と共に
稲妻のように 心に 刺さりました

a0052755_10523898.jpg

 




[PR]
by green-hanayu | 2015-10-19 10:46
早速 ご意見を いただきました

アカボシゴマダラと ゴマダラチョウは
微妙に 生態が 異なるそうです

ゴマダラチョウは 日本古来(?)の 森林のエノキに
アカボシマダラは 街路樹とか 庭木とか
明るい環境の エノキ を 好むそうです

やはり ハイカラさん(外来種)は 明るい 目立つところが
好きなんですねえ

ちょっと 安心しました

[PR]
by green-hanayu | 2015-10-03 16:48

アカボシゴマダラ

a0052755_16253817.jpg
a0052755_16245134.jpg
9月29日(火)大草で 私のデジカメに
カツ を 入れました

意としてやった わけ ではないのですが
早い話しが デジカメを 落としてしまったのです

裏のふたが あいて SDカードと バッテリーが
みごとに 飛び出しました

あっと 痛む 胸
でも そのせいか 思わぬ 見事な写真が 撮れました!

これは いま 話題になっている アカボシゴマダラ
1995年 埼玉で発見されたのを機に
関東地方でも あちこちで 発見
地球温暖化のせいか 
というより 人為的に 誰かが逃したか 逃げたか
その節が 強いのだそうです

食草は エノキ
ゴマダラチョウと 完全に 競合するので
日本の生態系に 大きな影響がでるのではと
危惧されています

でも ゴマダラチョウに比べて 大きい
オスの成虫は 赤い斑点で きれい
その姿を きれいに 写し撮りました
デジカメに カツ を 入れたからでしょうね きっと










[PR]
by green-hanayu | 2015-10-03 16:28

実りの 秋

速いです
もう 神無月 です

これは先月のこと
15日に 土気方面の観察会 のとき
どなた様かの畑で フォックスフェイスの 小さな実が
切り落とされた葉のしたから ちょこんと 
顔を 出していました

皆さんの ご同意をいただいて
家に 持ち帰りました

そして 29日 大草で
ツリバナ ナキリスゲ ヒメキンミズヒキ
秋の彩りを いただき
合わせて 花器に 活けてみました

後ろの レイシ(キノコ)は どこで いつでしたか
いただきましたもの 
当時は 3×5センチ くらいの 大きさでしたが
今では 6×10センチ までに 育ちました
霊芝(レイシ)とは よくぞつけた 名前だと 思います
a0052755_23144327.jpg
じつは、この写真、モノクロ。
どうしてこうなってしまったのか、わかりません。
いろいろと、いじっていますうちに、こんなふうになってしまって、
元に戻らなくなってしまったのです。

ツリバナの花(?)は、赤い色
ヒメキンミズヒキは、黄色のお花
ナキリスゲは、そう、スゲの色です
左手奥が、レイシ
チョコ饅頭のような、美味しそうな色です

ほんとうは 今日
写真を撮り直そうと思ったのですが、
すでに、ツリバナの葉は落ち しぼんでいました

つかの間の 秋でした






[PR]
by green-hanayu | 2015-10-02 20:26
9月27日(日)中秋の名月 でした
9月28日(月)は スーパームーン

続いて 月のビッグショウ でした

中秋の名月は 切れ切れの雲と 戯れる月 でした
a0052755_10495967.jpg

スーパームーンは その名の通り
ビッグで 輝いていました
9時半頃でしたか いわゆる小判色で
その見事さに 息を飲んで 見とれてしまいました
a0052755_10511581.jpg
a0052755_10511581.jpg

すると 背後に どなたか おいでになって・・・
月を愛でる 同好の士と 振り返りますと
そこには どなたも おらず・・・・

それで また 月を見入りますと やはり どなたか・・・・
息遣いが 聞こえるようなのです

でも どなたも おらず・・・・

ふと 思い出しました
7~8年ほど 前でしたか
この地に 借家が 建っていたころ
家賃が 払えず 
引っ越し用にと 聞いた話では20万円とか
用立てていただいたのに それも使い果たし
結局 この地で 自死なさったかたの こと

『満月の夜 何かが おこる 』とか 言われています
その方の思いが 私に 憑依したのでしょうか・・・・

無口なかた でした
ご挨拶をする程度で お話をしたことは ありませんでした
でも 優しい眼を してらっしゃいました
後ろで 腕組みをして 月を眺めていらっしゃる ようでした

恐怖感は ありませんでした
でも 「どうしたの?」という 不安に似た感じはしました

自宅に帰るとき 玄関のところで
「ここで バイバイね サヨナラ ありがとね」
こんなご挨拶をしました

玄関の鈴が かすかに 鳴りました










[PR]
by green-hanayu | 2015-10-01 10:56