自然は友達 あ・そ・ぼ!


by green-hanayu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

イジメは 許したくありません

イジメ じつは 去年の10月
私も 現場に 遭遇した のです

ある スーパーマーケット の 店内で
近くの 小学校5年生
社会のお勉強で 商店を リサーチ

そのなかで
ひとりの女の子が 商品を触った と いうことで
男子から 「あ、いけないんだ。ね、いけないんだよね?」と
別の 女子に。
周囲のこどもたち 5~6人が(同じ班?) 異口同音に
「いけないんだ。いけないんだ!」と 口々に。

私には 触ったとは 見えませんでしたが
その女の子は 長身の優しい目をした 女の子 は
頽れるように その場に しゃがみこみました
声もなく 泣いている様子が うかがえました

その女の子の 足や 腰を わからないように 蹴るのが 見受けられました

「あら、どうしたの? 
あなたたち どこの小学校?
お勉強で 来たの?」

問いかけると
リーダーらしき 女の子が
澄んだ瞳を まっすぐ 私に向けて しっかりと 答えてくれました
「はい 私たちは 〇〇小学校の 5年生です
今日は 社会科の 勉強で・・・・・・」
理路整然と ためらいも 臆することもなく

私の頭の中には イジメっこ とは
ふてぶてしく いかにも 意地の悪い ワルガキ を 想定していましたが
この子たちは 親として 自慢したくなるような イイコ ばかりでした・・・・・・
今 披瀝した行為とは まったく かけ離れた 想像も及ばないような イイコ でした

「いま あなたたちが していることは 良いことも 悪いことも みんな 記憶の中に 残りますよ」と
黙って 泣いていた子には
「自分に 自信を 持ちなさい  自分の意見は 意見として はっきり 言いましょうよ」と
その学校には 
実名で 住所も入れて これこれ こういう様子が 見受けられましたよ と
報告しました

でも 応答は まったく ありませんでした

いま 中二男子の 自殺事件から 反応をしない 学校の事情が 様子が
はっきり わかったような 気がいたします

でも 私は これからも そうした場面に遭遇しましたら
やはり 動く と思います
もっと しっかりと 記録を 残すようにして

イジメは 許したくありません から
[PR]
by green-hanayu | 2012-07-14 16:30 | 教育