自然は友達 あ・そ・ぼ!


by green-hanayu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

しいのもり ほんとうの 姿は

a0052755_06170072.jpg
今日も 穏やかな 秋の一日
しいのもりへ 市のかたと 里山会のかたと
下見に 参りました

そこで 知ったのです

このしいのもりの 誕生が 企業に課せられた緑化率からの プレゼントと

企業のおかげで 存在し得た しいのもり であることを
さらに 企業側の すべての方々に 
自然と 人類との共存を 図ろうという 
その意識が 現場に働く方々にまで 流れているということ も

今 問題となっている 大手建設会社の 
責任は下請けにあり という
情けない事態 とは 違う こと を

こんなお話を 聴きました
今回の企業開発に伴う 水路消滅に
おびただしい数の トウキョウサンショウウオの 卵塊を
保護・移動 させようとした 里山会の方々に
「ご苦労さまです」と 作業の手を止めて 見守って下さった 現場の方々
行く行くは 一緒に保全活動の ボランティアを させてくださいとの
申し出も あったそうです

私は いつもこの森に 
コロちゃん(メスの老犬)と散歩に来る飼い主さん同様
自然破壊だ 環境破壊だ と 怒りを感じていました

違ったのですね

悪い話しは 隠しても すぐ バレるものですが
良いお話は なかなか 伝わりません
だからこそ 私は 当日 インタープリターとして 
ご参加くださるみなさんに お伝えしたい
その経緯と 良きお話を はっきりと

相互に理解しあい 協調できる 関係でありたい のです

すぐ 方向転換する私を 無節操と おっしゃる方もおいででしょうね
でも 自らの非を 知った時には
それを 改めるのは 瞬時たりとも やぶさかではありません

ここまで 来てしまった 現状
視点を 変えることにより 守られるものが ある・・・んですよね

だから 申し上げたい のです
私の信条 『足るを知る生活 を すべきではないか』と いうこと
自然界に生きる 生き物人間 としては 欲張り過ぎます
もっと 謙虚に 地球環境を考えて 暮らすべきではないかと
ほんとうの 意味での 考える葦 となってほしいと 
しみじみ 思います

24時間営業は 病院と 消防署と 警察 だけで いいじゃないですか
終日営業するから 生活に メリハリがなくなり 
惰性の生活が 蔓延し 
不逞のやからが 深夜に うろつくようになるのでは ?

夜の暗闇は 全ての生き物にとって 大切な時 なのです

ライトアップや イルミネーションは 人間という生き物だけが 喜ぶもの
自然界の樹木や 生物にとっては 苦しみ以外の 何物でもありません

人間としての 癒し の 探し方は
ほかにも あるのではないでしょうか


今日の しいのもりは 秋の実りに 
輝いて いました
この輝き いつまでも いつまでも
変わらないで ほしいです・・・・





  



by green-hanayu | 2015-10-22 23:48